大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代の美白ケア

40代乾燥肌でも安心して使えた!しっとり高保湿な美白美容液3選。

投稿日:2018年4月12日 更新日:

40代になると乾燥肌に悩む方、多いですよね。

「美白化粧品は保湿効果が足りないのよねー」なんて思っていませんか?

そんな時は、お気に入りのスキンケアに、しっとりタイプの美白美容液を1本、プラスしてみてはいかがでしょうか?

この記事では、乾燥肌に悩む40代の私が、保湿効果抜群のしっとりタイプの美白美容液を3本、ピックアップしてみましたよ!

美白効果も優秀なものばかりなので、気になるアイテムは詳しいレビュー記事も見てみてくださいね♡

スポンサーリンク

1位 エクイタンス ホワイトロジーエッセンスW

歯磨きでお馴染みのサンスターから出ている美白美容液です。

特徴は、リノール酸から作られた独自の美白成分「リノレックS」が配合されていること!

メラニン生成を抑制しつつ、メラニンの排出も促してくれるそうで、@コスメの口コミを見ても、成分が合う人にはよく効くみたいです。

ブルーグレーのチューブタイプで、やわらかなクリームのような美容液は保湿効果が優秀。
しっとりふっくら、やわらかなお肌になります♪

夏は化粧水とこの美容液だけでもいくらい。

ちなみに、4/25にリニューアルするらしいですよ。
リノレックS、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2Kの3つの有効成分による追跡型美白美容液になるんだとか。

2位 サエル ホワイトニングエッセンス コンセントレート

サエルは、ポーラ オルビスグループの敏感肌専門ブランド ディセンシアの美白ライン。

敏感肌ならではのシミの原因にアプローチしてくれるのが特徴で、低刺激なだけでなく、保湿・抗炎症・バリア機能サポートなどトータルでケアできます。

さらに注目は、4月のリニューアルで、ストレスによるシミや、糖化によるくすみにも対応したこと!

今年は糖化やカルボニル化など黄ぐすみに対応した美白化粧品がトレンドのようですが、敏感肌用の美白化粧品で糖化対策までできるって他にないと思うんです。

乾燥性敏感肌の方はもちろん、美白化粧品は刺激が強いと感じている方にもオススメ。

みずみずしいミルクタイプの美容液は、意外と保湿効果が高くて、しっとりモチモチ、ハリも感じられる肌に導いてくれますよ♪

3位 資生堂HAKUメラノフォーカスV

資生堂の美白研究の成果を注ぎ込んだ1本がこれ。

資生堂オリジナルの美白成分「抗メラノ機能体」に加え、考えられうる、ありとあらゆるメラニンルートを潰してくれるのが特徴で、

@コスメでは「ずっとHAKUを使っているせいか、同年代よりシミが少ないです」といった、絶大な信頼を寄せる口コミも多数見られる1本です。

今回のリニューアルでは、シミ部分の毛細血管の異常に働きかける成分と、毛細血管の異常によるメラニン生成に働きかける成分が新たに配合されました。

一見ベタッとした感じの美容液なんですけど、不思議なことに肌馴染みがよくて、ベタつきが残らず、なめらかな肌になるんです♪

ドラッグストアや化粧品店、デパートなどどこでも買えるっていうのも魅力かも。

3本の美容液を比較してみました!

使用感を比べてみる

テクスチャー 使い心地
エクイタンス
ホワイトロジーエッセンスW
こっくりリッチなクリーム状の美容液 しっとりやわらかな肌になる
サエル ホワイトニングエッセンス
コンセントレート
みずみずしいミルク状の美容液。 しっとりモチモチになる
資生堂HAKU
メラノフォーカスV
こってりとしたクリームとミルクの中間のような美容液 ベタつかず、しっとりなめらかになる

こっくり濃厚なのがお好きな方はエクイタンスかHAKU、みずみずしいうるおいがお好きな方にはサエルがオススメです。

美白成分を比べてみる

美白成分 効果
エクイタンス
ホワイトロジーエッセンスW
リノレックS&ビタミンC誘導体
サエル ホワイトニングエッセンス
コンセントレート
トラネキサム酸&アルブチン
資生堂HAKU
メラノフォーカスV
抗メラノ機能体(トラネキサム酸&4MSK)

どれも美白成分がダブルで配合されていて、美白効果もバッチリです!

保湿成分を比べてみる

保湿成分
エクイタンス
ホワイトロジーエッセンスW
濃グリセリン、水溶性コラーゲン、オリーブ油、スクワラン、ヘーゼルナッツ油、大豆リン脂質など
サエル ホワイトニングエッセンス
コンセントレート
セラミド2、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、フィトステロールなど
資生堂HAKU
メラノフォーカスV
濃グリセリン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、キシリット、ワセリンなど

エクイタンスはエモリエント効果のある成分が豊富、サエルは敏感肌用なので、保湿だけでなくバリア機能もサポートしてくれるような成分が配合されているようです。

コスパを比べてみる

価格(税込) 1ヶ月のコスパ
エクイタンス
ホワイトロジーエッセンスW
10,800円(2ヶ月ぶん) 5,400円
サエル ホワイトニングエッセンス
コンセントレート
8,100円(1.5ヶ月ぶん)
定期購入なら7,290円
5,400円
定期購入なら4,860円
資生堂HAKU
メラノフォーカスV
10,800円(2.5ヶ月ぶん) 4,320円

1ヶ月のコスパに直すと、HAKUがややお安いかなーといった印象ですが、あんまり変わりませんね^ ^;

どれも月5,000円前後なので、比較的、続けやすい価格ではないでしょうか。

まとめ

シミは1年中できるもの。

季節によらず、通年で使える高保湿タイプの美白美容液は、ハッキリ言って「使えるアイテム」!

乾燥にもシミにも悩まない、美肌を手に入れてくださいね♡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代の美白ケア
-

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.