スノーアルプスのサーバー選び。おすすめはスタンダード?プラチナ?

スノーアルプス サーバーの選び方

「スノーアルプス ウォーターサーバー」に申し込みたいのだけれど、サーバーが3つもあって、どれを選べばいいか分からない…

そんなあなたに!

「スノーアルプス スタンダードサーバー」と「プラチナサーバー」の違いを解説します!

スノーアルプスのサーバーは全部で3種類!

  • SA1L スタンダードサーバー(ロング)
  • SA1S スタンダードサーバー(ショート)
  • SA1P プラチナサーバー
M美
美保さん、スノーアルプスのサーバーはどれを選べばいいのかしら?3つもあったら分からないわ。

ママ友のM美さん


保育園からのママ友で、お互いの家を行き来する仲。美穂さんの家でウォーターサーバーを見て便利だなーと思い、自分もサーバーを契約しようか迷っている。
美穂さん
設置場所、交換方法、予算に合わせてサーバーを選ぶといいよ!私が詳しく解説するね。

美穂さん

スノーアルプス ウォーターサーバーを愛用している30代主婦。小学生の息子ひろきと、コーヒーを愛している。

スタンド、机上、足元交換3タイプから選べるサーバー

美穂さん
まずは、3種類のサーバーの特徴を紹介するよ。

SA1L スノーアルプス スタンダードサーバー(ロング)

SA1L スノーアルプス スタンダードサーバーLongは、高さ98cm、一番よくあるタイプのスタンド式のウォーターサーバーです。

リビングに置くなら、このサーバーが一番オーソドックスでいいのではないでしょうか。

4℃のお水と85℃のお水をいつでも飲むことができ、お湯の出し口にはチャイルドロックも付いています。
災害時など、停電しても常温のお水を出すことができます。

SA1S スノーアルプス スタンダードサーバー(ショート)

「SA1S スノーアルプス スタンダードサーバーShort」は高さ51cmの卓上タイプで、机や棚の上に設置したい場合にオススメです。

機能は、スタンダードサーバーロングと同じです。

SA1P スノーアルプス プラチナサーバー

「SA1P スノーアルプス プラチナサーバー」は、足元でボトル交換できるサーバーです。

ボトルを持ち上げるのが面倒、腰が弱くてボトル交換が難しい場合は、プラチナサーバーを選んでください。

タンク内をUV殺菌してくれる機能もあるため、ウォーターサーバーの衛生面が気になる場合にもオススメです。

「SLEEPモード」と「ECOモード」搭載で消費電力削減も期待できます。ただし、4週間につき1,350円のレンタル料金がかかるので注意です。

重いボトルを持ち上げなくていい「プラチナサーバー」、いいわね♪
M美

机や台に設置したいならスタンダード ショートがおすすめ

美穂さん
まずはスノーアルプス ウォーターサーバーをどこに設置したいか?を考えてみましょう。
ウォーターサーバーの設置に必要なスペース

  • ロングタイプ:幅37cm、奥行き46cm、高さ1.5m
  • ショートタイプ:幅37cm、奥行き41cm、高さ1m

「リビングやキッチンの床に、縦長のタイプを設置したい!」という場合は、ロングタイプの

  • SA1L スタンダードサーバー(ロング)
  • SA1P プラチナサーバー

のどちらかを選ぶことになります。

「スペースがないから、机や台の上に設置したい!」という場合は、「SA1S スタンダードサーバー(ショート)」の一択です。

ボトルを持ち上げたくないならプラチナサーバーを選ぶ

美穂さん、私、とにかく重いのとか嫌なのよ。主人も腰が悪いし…
M美
美穂さん
そんなM美さんは、プラチナサーバーがオススメだよ!

スノーアルプス ウォーターサーバーは、ウォーターボトルが7.6Lと軽く、ボトル交換がラクにできるのが特徴ですが、

「7.6Lでも、じゅうぶん重いよ」
「腰が悪いから、ボトルを持ち上げるのは無理だよ」

という場合は、迷わずプラチナサーバーを選びましょう。

プラチナサーバーは組み上げタイプなので、足元でボトル交換を行うことができますよ!

衛生面が気になる場合もプラチナサーバーを選ぼう

私、ウォーターサーバーの衛生面も気になるのよね…
M美
美穂さん
プラチナサーバーには、UV殺菌機能がついているよ!

プラチナサーバーには、タンク内をUV殺菌できる機能がついています!

「ウォーターサーバーは中が洗えないし、衛生面が気になる」という場合も、プラチナサーバーがオススメです。

スタンダードタイプには、殺菌機能は付いていません。

コスパ重視ならレンタル料が無料のスタンダードサーバー

アンケート調査によると、ウォーターサーバーの不満の多くは、コストが高く付いてしまう事なのだそう。

スノーアルプスでも、プラチナサーバーを選ぶと4週間ごとにレンタル料1,350円がかかります。

「少しでもコストを安く抑えたい!」

という場合は、スタンダードサーバーを選びましょう。

なんと、スタンダードサーバーならレンタル料が無料です!

む、無料ですの?!
M美
美穂さん
無料なんです!
  • SA1L スタンダードサーバー(ロング)
  • SA1S スタンダードサーバー(ショート)

の2種類から、設置したい場所に合わせて選んでくださいね!

ロングとショートの違いは、高さだけですの?
M美
美穂さん
高さが違うだけで、機能は全く同じだよ。

サーバーの種類は途中で変更できるの?

サーバーが3種類あるとのことだけど、途中で違うサーバーに変更することもできるのかしら?
M美

サーバーを途中で変更することもできますが、交換にかかる実費は自己負担なのでオススメはしません。(交換手数料8,000円〜10,000円)

最初の段階で、よく考えて選びましょう。

スノーアルプス ウォーターサーバーの選び方まとめ

最後に、スノーアルプス ウォーターサーバーの選び方をまとめます。

SA1L スタンダードサーバー(ロング)がオススメな人

  • レンタル料は無料がいい!
  • 縦長のサーバーを床に置きたい
SA1S スタンダードサーバー(ショート)がオススメな人

  • レンタル料は無料がいい!
  • 机や台の上にサーバーを置きたい
SA1P プラチナサーバーがオススメな人

  • ボトルを持ち上げずに交換したい
  • UV殺菌機能がほしい
  • レンタル料(1,350円/4週間)がかかってもOK
設置場所、交換方法、予算に合わせてサーバーを選ぶといいね。
美穂さんには、プラチナサーバーがぴったりだと思うよ!
美穂さん
M美
そうね、プラチナサーバーにするわ。
スノーアルプスに申し込むわよ♪

>>一番お得なスノーアルプスの申し込み方法とは?

© 2020 【お得情報】スノーアルプス ウォーターサーバーの申し込み方法 Powered by AFFINGER5