大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代の目元ケア

ポーラ BAアイゾーンクリームの口コミ!目元で年齢印象が11.5歳変わる?!アイケアには高くてもいいものを

投稿日:

最近、鏡に映った寝起きの顔にドキッとすることが増えてきて…… 

放っておいたらヤバイなーと感じ、いろいろとアイクリームのサンプルを物色していたのですが「ポーラ BAアイゾーンクリーム」を試したら使い心地が素晴らしくて!

高いし、まだいいかな?と思っていたのですが、サンプル1回の使用でも目元印象が変わる気がして、思わず購入してしまったのです……

高級なパッケージに極上の使い心地で気分が高まり、力強く働きかけてくれる1本。

正直、高かったけれど、思い切って買ってみて正解でした♪

スポンサーリンク

目元が老けただけで、11.5歳も老けて見える!?

ポーラは新しい商品の開発をする際、必ずターゲットとなる肌悩みについて徹底的に研究し、判明した新事実とともにソリューションとして新商品がリリースされます。

今回ポーラは、目もとが人に与える印象と目元の形状変化を研究。

基準顔Aに、目もと・口もとの形状変化を加えたシミュレーション画像を作成し、見た目年齢の変化を数値化したのです。

・目元→くぼみ、たるみ、くすみ、下まぶたの膨らみをプラス

・口元→縦じわ、乾燥、扁平、くすみ、輪郭のぼやけをプラス

その結果……

基準の年齢印象35歳から、口元のみを変化させた場合の年齢印象は38.5歳(+3.5歳)だったのに対し、

目元のみを変化させた場合の年齢印象は46.5歳(+11.5歳)だったというのです!

(ちなみに目元と口元の両方を変化させた場合は49.8歳)

極端な話、肌がピチピチでも、ほうれい線がなくても、目元が老けたら10歳以上老けた印象に見られてしまうという事実!

これはショックじゃないですか!?

普段から目を酷使していて、目元の変化が気になっている私は、アイケアにはお金をかけてもいいものを…… と思ってしまうわけです。

アイクリームではなくアイゾーンクリームのワケ。うるおいによるハリ感で立体的な目元へ

最初に「BAアイゾーンクリーム」と聞いた時、何それ?って思ったんです。

普通、アイクリームですよね?

どうやらそれは、今回の研究で、見た目印象は「目」というより「目元ゾーン全体」の変化によって起こっているという事実がわかったからのようです。

目の下のたるみ、まぶたのくぼみ、影、目が小さく見えるなど…… 

よくある目元印象の変化は、「眼輪筋」という目の周りをドーナツ状にグルリと囲む筋肉の変化によって引き起こされることが分かっています。

肌の薄さや瞬きによる振動など目元の特徴に加え、まばたきのクセや、目を酷使することにより、眼輪筋は衰えていくのですが、

とくに「眼輪筋の厚み」が薄くなることが、目元印象に大きな影響を与えるのだそうです。

そこで研究を進めた結果、加齢により眼輪筋を構成する主要たんぱく質(MYH2)が減少することが判明しました。

以上の事実を踏まえた上で、アイゾーンクリームは

・目元の構造の特徴に着目した「アイコアフォーミング理論」

・肌誕生因子の1つ「バーシカン」に着目し、肌本来の働きを最大に発揮させることで肌を輝かせる「ジェネシスバイオアクティブ理論」

によって、開発されました。

ポーラ最先端の処方技術が投入され、うるおいによるハリ感で立体的な目元へと導いてくれます。

BAアイゾーンクリームのために開発された「CFエキス(マロニエエキス&マドンナリリーエキス)」をはじめ、ゴールデンLP、BAコアリキッド、月桃エキスがうるおいによるハリ感で立体感をサポート!

ポーラの得意分野「糖化」に着目したEGクリアエキスをはじめ、YACエキス、クジンエキスクリア、アケビ茎エキス、マジョラムエキス、アルニカエキスがみずみずしい透明感をサポートします♪

  • 目の下のたるみ
  • まぶたのくぼみ
  • まぶたのたるみ
  • 目が小さくなった
  • くすみや影が目立つ

など、複合的な悩みが見た目印象に大きな影響を与えるからこそ、アイゾーン全体をケアすることが重要なんですね!

ポーラBA アイゾーンクリームを使ってみた!使用感レビュー

以前のBAザ アイクリームは18g 20,000円(税抜)でしたが、アイゾーンクリームになって26g 18,000円にボリュームアップ&値下げして、ちょっと買いやすくなりましたよ!

それでも月9,000円なので安くはありませんが、目元の印象で年齢印象が10歳以上変わるのだから、アイケアにお金をかけても損はないだろうと思うのです。

パッケージは、BAの他のシリーズと共通の、黒とシルバーのデザインに変わったようですね。

個人的には、以前のデザインの方が高級感があって好きでしたが……
チューブも少し大きくなった気がします。
(実際、ボリュームアップしてますしね)

リンクルショットと同じで、フタがどっしり大きく、立てて置いても安定しています。

使い方

先端がこのように丸くなっていて、真珠1粒の大きさを表しています。
朝は両目で真珠1粒位、夜は両目で真珠2粒位が目安です。

目元ではなく、アイゾーン全体に塗るのが、BAアイゾーンクリームの特徴です。

化粧水やミルクの後、目元を囲むように6点にアイゾーンクリームを置きます。

目頭からこめかみに向かって、指全体を使って、目元を引き上げるように大きいストロークで伸ばします。

引き上げながらなじませた後、記憶させるようにこめかみで3秒キープします。

使用感

コッテリとした白い濃厚なクリーム。
ポーラ最先端の処方技術が投入されたエマルジョンなのだそう。

BAのベーシックラインとは違い、ほのかな香り♪

フローラル系の香りで、BAのスキンケアの香りが苦手な方にも受け入れられるんじゃないかな。

目元を引き上げるように馴染ませると、濃厚なのにまるでお肌に溶け込んで一体化するようにピタッと密着!

塗ってすぐは、ふっくらやわらか。
モチモチの感触に♪

少しすると、目元がピンっと引きあがるような感覚があり、ハリと弾力がいい感じ。
1回の使用でも目元がいつもと違う気がして、思わず購入してしまったほど。

濃厚なしっとり感で、翌朝までしっかり守られているのが分かりましたよ!

個人差はあると思いますが、私の場合は目元印象はもちろん、アイシャドウのノリが良くなったり、アイラインがすっと引けるようになったり、ファンデーションがたまらなくなったり、といった嬉しい変化がありました。

40代になったら、やっぱりポイントケアって大事だなーと改めて実感しています。
高かったけど私は買って正解だったと思ってます♪

ポーラBA アイゾーンクリームとリンクルショットの違い

ポーラからシワを改善する薬用化粧品リンクルショット メディカルセラムが発売!真皮シワも化粧品で対策できる時代へ

BAのアイクリームとリンクルショット、どっちを使えばいいか迷う!という方のために、簡単に違いをまとめてみました。

 

商品名 BAザ アイクリーム リンクルショット
内容量 26g(2ヶ月分) 20g(両目に使用で2ヶ月)
価格 19,440円(税込) 14,580円(税込)
使用感 しっとり濃厚で、ふっくらハリのある仕上がり。
ベタつかないのに乾燥知らず。
毛穴用下地のようなサラサラの仕上がり。
保湿効果はあまりない。
オススメの人 乾燥、小じわ、目元のゆるみ、くすみ、目が小さくなったと感じる方 シワの気になる方

リンクルショットは、目元に限らず、シワに特化したクリーム。
保湿成分はほとんど入っておらず、シンプルに有効成分ニールワンを届ける処方になっています。

「目元の悩みはシワだけ」「悩みの中でもとくにシワが気になる」といった、シワを集中ケアしたい方に向いています。
毛穴用化粧下地のような、サラッとした使い心地。

BAアイゾーンクリームは、CFエキス・ゴールデンLP・BAコアリキッドによってお肌を総合的に底上げし、乾燥・小じわ・目元のゆるみ・くすみなどをトータルでケアしてくれます。

しっとり乾燥が和らぎ、ハリと弾力のあるふっくらとした明るい目元へと導いてくれます。

複合悩み、全体的に目元の印象が気になる方にオススメ♪

私個人としては、乾燥やたるみ、目が小さくなったことが気になっているので、リンクルショットよりBAアイゾーンクリームの方が好きですね。

ポーラBA アイゾーンクリームまとめ

高級ですが、お値段に見合う効果を感じているので、良しとしています。

保湿だけでは物足りない。
乾燥だけでなく、目元の印象が気になっている方、1度試してみる価値はあると思いますよ!

公式サイト【POLA B.A アイゾーンクリーム】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代の目元ケア
-,

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.