コスメ体験談

40代 京子のリアルなエイジングケア化粧品レビューブログ。シミ・しわ・たるみに効いたのはコレ!

ビタミンC誘導体

40代毛穴レスな私の秘密兵器!ドクターケイのビタミンC化粧水 ケイカクテルVローションの口コミ

投稿日:

シミもあるし、ほうれい線も気になりはじめているけれど、アラフォーになってもずっと毛穴レスなんです、私。
デパートのコスメカウンターでも、毛穴だけはいつも見えないレベルって言われます!

そんな毛穴レスな私が愛してやまない化粧水が、ドクターケイのケイカクテルVローション。

ドクターケイはモデルの田丸麻紀さんが愛用していることでも知られているし、日本化粧品検定協会理事の小西まなみさんの推薦コスメにもなってます!

このブログでもいろんなコスメを紹介しているんだけれど、これはやっぱり肌が違うって感じるので、結局戻ってくるのよね。

今回は、そんなドクターケイのビタミンC化粧水 ケイカクテルVローションについて詳しくご紹介します♡

公式サイトドクターケイ

この記事でわかる事

ドクターケイってどんなブランド?ケイカクテルVローションの特徴

ビタミンC誘導体がニキビに効くと初めて証明したドクター!

ドクターケイ?誰それ??っという方も

ビタミンCの誘導体が天然型の何倍も肌に吸収されることを世界ではじめて証明し、ビタミンCのニキビに対する効果を論文で発表した先生

と聞けば、一気に興味が湧くのではないでしょうか?

ニキビや毛穴にビタミンC誘導体って今では鉄板だけど、実はこのドクターケイこと亀山孝一郎先生のおかげだったのです!

亀山孝一郎先生の青山皮膚科は、芸能人もお忍びで通う美容皮膚科。
でも、ウチは遠いし、忙しいし、美容皮膚科なんて通えない…… 

そんな私たちにもクリニックのケアを届けたい!という想いから誕生したのが、ドクターケイというドクターズコスメ、なんだって。

モデルの田丸麻紀さんも、雑誌の取材や自身の書籍で「エステより毎日のスキンケアが大切と気づかせてくれた愛用コスメ」としてドクターケイを紹介していましたよ!

12種類ものビタミンがブレンドされているからシナジー効果が生まれる

ドクターケイの商品は、カクテルV〜っていう商品が多いんだけど、これはビタミンCだけでなく、様々なビタミンがまるでカクテルのように混ぜ合わされているから。

ビタミンCを単体で用いるよりも、様々なビタミンを掛け合わせた方が、相乗効果が期待できるらしいのです。

ビタミンのサプリでも、単体よりバランスよくとった方が吸収や働きが良くなるというし、同じようなことなのかもね!

しかも!

1つ黄金比率みたいなものができたら、全部に配合しちゃうブランドが多いと思うけど、ドクターケイでは商品ごとに、入れるビタミンの種類と比率をベストなバランスに調整しているのだそう!

並々ならぬビタミンへのこだわりを感じます^ ^;

実際、ドクターケイを1度使うと実感お高さに驚く方が多いそうですが、亀山先生は「ただ本物を作っただけです」とお答えになるのだそうで。

その本物に出会いたくて、化粧品を買いあさってるコスメジプシーがどれだけいることか……

ちなみに、今回使ってみたケイカクテルVローションには、12種類のビタミン(3種類のビタミンCに加え、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、パントテン酸Ca、H、E、P)がベストなバランスと濃度で配合されているのだそうですよ。

ビタミンCが高濃度すぎて薬用化粧品にできないらしい!?

そんなドクターケイのビタミンCローションですが、実は薬用化粧品(医薬部外品)ではありません。
なんでですか?っと聞いてみると、「濃度が高すぎて薬用にできないんです」って答えが返ってきた!

薬用化粧品って有効成分が高濃度で配合されてるイメージかもしれませんが、必ず上限があって、成分が濃すぎる場合も薬用にできないんですよね。

超高濃度のビタミンCローションって、ビタミンCが結晶化して容器の口にジャリジャリがついたりするんだけど、ケイカクテルVローションの開発も、高濃度ビタミンCによるジャリジャリやベタつきとの戦いだったとか。

ケイカクテルVローションにはAMP、APPS、VCIPと3種類のビタミンC誘導体が配合されていて、APPSは薬用にできないのでそういう関係もあるかもしれませんし、詳しい濃度も企業秘密とのことですが、高濃度であることは間違いないです!

全成分はこちら。パラベン不使用で、イオン導入にも使えるそうですよ!

水、DPG、グリセリン、メチルグルセス-20、1,2-ヘキサンジオール、ベタイン、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、パルミチン酸レチノール、コーン油、チアミンHCI、リボフラビン、パントテン酸Ca、ピリドキシンHCI、ビオチン、シアノコバラミン、リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、グルコシルヘスペリジン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解水添デンプン、ノバラ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

ケイカクテルVローションを使ってみた!超高保湿で優しい使用感にビックリ

ビタミンC誘導体、特にしっかり濃度が配合された化粧水というと、

  • ピリピリ刺激
  • 乾燥する
  • ベタつく

といったイメージではないですか?

ドクターケイのケイカクテルVローション、使ってみたら使用感の良さにビックリすると思う!

まず、こちらがパッケージです。
横から開けるようになっていたりして、デザインもさりげなくオシャレ。

こちらがボトルです!

シンプルなデザインで、男女関係なく使えますね。
ビタミンCローションってニキビ用に男性も使うイメージだから、これは嬉しいのでは?

通常は150mlなんだけど、たまたま15周年キャンペーン中で、お値段据え置きで200mlに増量されてたよ^ ^

開けてみました!
こんな感じで、ドロップ式です。

中身は透明な化粧水。
ビタミンカクテルの原液とも言える、美容液並みの化粧水なのだそう。

ビタミンCって黄色いイメージかもしれないけれど、通常は透明です。
黄色いローションは酸化しているか、着色料、もしくはカロテンやビタミンEなど色のつくものが配合されている可能性が。

そして意外にも、ほのかなお花の香りなの!

ドクターケイでは、「肌は心を映す鏡」、ストレスやメンタル面の問題が、毛穴を通して肌に現れると考えていて、香りによる癒し効果を取り入れているのだそう。

(亀山先生のブログを読むと分かりますが、実際、ストレスで血流のバランスが偏ったり、皮脂分泌の量が変わったりして、お肌に影響が出るそうです)

化粧水はトロミのないさっぱりタイプですが、肌にのせるとやわらかなトロミを感じます。

肌馴染みも悪くないし、乾燥肌の私は圧倒的な保湿力に感動!!

3種類のコラーゲンと2種類のヒアルロン酸が配合されていて、化粧水だけでも、モッチモチに潤います♪

私はこれくらいもっちり吸い付くのが好きだけど、ベタつくと感じる場合は、コットンを使うといいかも。

お肌の疲れを感じた時は、コットンにたっぷりしみこませてパックすると、お肌が見違えるようですよ^ ^

正直、高いけど、お肌がちゃんと応えてくれる化粧水です

ケイカクテルVローションは、1本7,000円(税込)と、化粧水にしては高い方だと思います。

でもねー、肌が全っ然違いますよ!

ビタミンたっぷりなのに保湿力が抜群で、時間が経ってもモチモチだし、毛穴もキュッと引き締まってきて、お肌のトーンも明るくなります。

使い心地がいい上に、目に見えてお肌がキレイになるから、1度使うと辞められなくなっちゃう。

いつもは美容液が欠かせない私ですが、ドクターケイは美容液なしで、化粧水&乳液だけでも十分キレイなお肌がキープできるの!

美容液並みの化粧水、と言っていいと思う。
美容液に7,000円と考えれば、そこまで高すぎってほどでもないし、私はちゃんと結果の出るものなら、それなりのお金をかけてもイイと思っているので。

公式サイトドクターケイ

シミ・しわ・たるみ・毛穴・ニキビ予防……ビタミンC誘導体を使っておけば間違いなし!

皮膚科の先生が書いた美容本には、ニキビ予防やエイジングケアにオススメな成分として、「ビタミンC誘導体」がたびたび登場します!

ビタミンCには、

  1. 保湿効果
  2. 皮脂コントロール作用
  3. 抗酸化作用
  4. 抗炎症作用
  5. メラニン抑制・還元作用
  6. コラーゲンの生成に欠かせない

などなど、様々な美容効果があるそうです。

シミ・しわ・たるみ・毛穴・ニキビ予防、気になるお悩み全てに対応する万能成分!

ドクターケイではさらに、

  • ターンオーバーを促して角質肥厚や毛穴詰まりも防ぐビタミンA
  • 肌荒れを防ぎ、バリア機能を整えるビタミンB群
  • お肌にハリを与えるビタミンH
  • 抗酸化作用・血行を促す作用のあるビタミンE
  • ビタミンCの働きを助けるビタミンP

など、様々なビタミンを絶妙なバランスで配合することにより、美容効果を引き出しているのだそうですよ!

ビタミンの相乗効果と聞いても、あまりピンとこないと思いますが(私もそうでした^ ^;)、実際に使ってみると「なんか他のと違う!」って感じでしたよ♪

ケイカクテルVローションのビタミンC誘導体の種類と効果について

ケイカクテルVローションには、3種類のビタミンC誘導体が配合されていて、それぞれ違った特徴があります。

【リン酸アスコルビルMg】

水溶性ビタミンC誘導体で、AMPなどと書かれることも。
昔っからあるビタミンC誘導体の元祖みたいな存在で、高濃度だと刺激・乾燥・ベタつきが出やすい。

浸透力はあまり高くないが、即効性が高いと言われている。

【パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na】

APPSという呼び方が有名。
水にも油にも溶ける両性ビタミンC誘導体で、泡立つのが特徴。
浸透性が抜群で、イオン導入なしで真皮に到達するという話もあるほど。

ただし、水溶液だと超不安定で1%以上は配合できず、薬用化粧品の有効成分にもできない。

少しヌルッとした使用感で、刺激のリスクは低め。

【テトラヘキシルデカン酸アスコルビル】

油性ビタミンC誘導体で、クリームによく配合される。
外資系コスメのクリームなんかでよく見かけるかも。

ゆっくり深く浸透することから、持続性ビタミンC誘導体などと呼ばれる。
しっとり保湿力が高く、低刺激で敏感肌でも使いやすい。

単体で配合されることも多いのですが、組み合わせることでそれぞれの長所短所を補ったり、使用感をよくすることができるのかもしれません。

お肌が変わるのを実感させてくれる「本物」のドクターズコスメ、増量中です!

長々と書きましたが、ようは今まで使っていたビタミンC化粧水とは何かが違うってこと!

お肌とビタミンの効果を熟知しているドクター亀山だからこそできた本物のドクターズコスメ。
お肌にモッチリとしたハリが出て、明るく引き締まったお肌になっていくのを実感できました♪

そんなドクターケイは15周年記念キャンペーン中

なんと、お値段はそのままなのに、化粧水と乳液が増量中なのです!!
(期限が書いていないので……終了してたらごめんなさい)

化粧水 150ml→200ml(33%UP

乳液 55ml→80ml(45%UP

数量限定ではありますが、化粧水と乳液をセットで購入すると、コットンと石鹸ももらえるみたいですよ!!

安いブランドではないので、このお得なキャンペーンは見逃さないで♡

公式サイトドクターケイ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
京子

京子

シミ・しわ・たるみが気になる乾燥性敏感肌の40代。スキンケアは、無添加よりもエイジングケア効果重視で選んでます。コスメが好きで色々調べたり、試したりするのが好き!日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。コスメ体験談では、自分が使ったコスメの感想などを公開中。勉強した知識をもとに、成分から肌悩みに合わせたスキンケア選びも提案しています。

-ビタミンC誘導体

Copyright© コスメ体験談 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.