大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代の美白ケア

アンフィネス ホワイトサージソリューションを使ってみた口コミ。肌のセピア化に着目した美白美容液

投稿日:2018年4月3日 更新日:

美白とハリを叶えてくれる30代からの人気ブランド、「アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトサージソリューション」を使ってみました!

大人女性ならではの肌のくすみ「肌のセピア化」に着目した美白美容液なのだそう。

この記事では、実際に使ってみた使用感や美白効果、成分についての話などを詳しくまとめているので、参考にしてみてください♡

スポンサーリンク

アンフィネス ホワイトサージソリューションってどんな商品?

「ハリと美白、両方まとめてケアしたい」というのは40代にもなれば誰もが感じることだと思いますが、「アルビオン アンフィネスホワイト」はまさにそういうブランドです。

今回のリニューアルで、「エイジングによるくすみ」にとくに力を入れているラインになったそうで、

「ピンクベージュの口紅が目立たない」とか「チークを入れないとパッとしない」なんて感じはじめた女性のためのラインなのだそう。

これを聞くと、やっぱり30歳向けか?40代には物足りないのか?!とも思ったのですが、ちょうどリニューアルしたタイミングだったので使ってみました。

BAさんによるとホワイトサージソリューションは、「代謝を高めてメラニンの排出を促してくれる美容液で、30代で増えてくるホルモン性のシミ(肝斑)にも対応している」とか。

(美白化粧品って基本的に紫外線によるシミ予防なので、法律的に完全アウトなこと言ってますが、アルビオンのBAさんってわりとそういう人が多い気がする…… )

アンフィネス ホワイトサージソリューションを40代の私が実際に使ってみた!

こちらがアンフィネスホワイトのパッケージです。

今年のトレンドカラーである涼しげなミントグリーンとシルバーで、清涼感のあるデザインになってます。

ボトルはメタリックなエメラルドグリーン。
アップサージソリューションと色違いみたい。

出し口はポンプタイプ。

ホワイトサージソリューションはフタの役割も兼ねているため、化粧水の後はこちらでフィニッシュでもOKなんだとか。

中身を出してみますね。

少し透明感のある白っぽいミルクタイプの美容液です。

すっきりとした清々しい香りの後に、ほのかに残る甘さが上品。
デパートのお化粧品らしい香りです。

美容液はコットンではなく、手にとって下から上へと引き上げるように馴染ませるのがポイント。

上がれ〜っと念じながらクイッと馴染ませてあげるも、とくに速攻で引きあがるということはなく……

白い方のアンフィネスで感じたしなやかなハリ感や、もっちりとした弾力も感じられず……

アンフィネスのしなやかなハリ感に美白効果がプラスされた!って感じを想像していた私としては、第一印象はちょっと残念な感じ。

しかも、保湿効果がイマイチ物足りなくて、乾燥肌の私はホワイトサージソリューションでは終われないなー。

年齢層が上がるにつれて保湿効果が上がるのが普通だと思うのですが、アルビオンはエクサージュホワイトよりアンフィネスホワイトの方が保湿効果が低いよね。

かといって、乳液、化粧水、美容液に加えて同シリーズのクリームをプラスするのは、金銭的に痛いなぁ……

シミ予防効果はあるのでしょうけど、トラネキサム酸だけで本当に大丈夫かな?っていうのは正直あって……

お肌がトーンアップしたり、ハリや弾力がアップしたりといった効果も、これといって感じられず。
お値段相応の効果を感じることは正直できませんでした。

口コミいいから期待したんだけどなぁ…… これに限らずアルビオン、イマイチ私の肌には合わないのかもしれないって最近感じてる。

エイジングによるくすみ「肌のセピア化」とは?ダーマルブライト&トラネキサム酸の効果

年とともに鮮やかな色をメイクでプラスしたくなるのは、なんとなく肌がくすんで垢抜けないから。

その理由は、3種類のくすみが重なることで起こる「肌のセピア化」なのだそうです。

  • メラニンよる茶褐色
  • 糖化による褐色
  • カルボニル化による黄褐色

肌の表面や奥深くで起こる様々なくすみが折り重なることで、肌がセピア色に。
場合によっては炎症による赤みも加わって、若い頃は当たり前だった透明感が失われていきます。

ホワイトサージソリューションは、3つ全てのくすみに対応することで、透けるような透明感に導く美容液!

メラニンの生成を抑制する「トラネキサム酸」が、メラニンよる茶褐色に対応。

ホルモン性のシミに対応する成分というのも、おそらくこのトラネキサム酸によるものですが、ホルモンによる影響には美白化粧品よりトラネキサム酸の服用の方が効果が高いです。

アルピニアエキスは「メラニンを作るな!」という命令物質を活性化するという、これまでにないアプローチが発見されているそう。

糖化とカルボニル化による黄ぐすみには、「ダーマルブライト」が対応。
抗糖化サプリメントによく配合されるドクダミエキス(肌に塗って同じ効果があるとは限りませんが)と、脂質の酸化を防ぐビタミンC誘導体を組み合わせた複合成分です。

できてしまった黄ぐすみの原因物質AGEsやALEsはそう簡単には分解されないものなので、どれだけ効果があるのはか微妙ですが。

お肌にハリをもたらし、メラニンを追い出す???

BAさんのいう「代謝を高めてメラニンの排出を促し、ハリを与えてくれる」というコンセプトのもと、配合されているのが「ダーマルサージコンプレックス」という複合成分。

お肌にハリを与えるヒドロキシプロリン、お肌をイキイキと保つサンザシエキス、栄養の宝庫といわれるローヤルゼリーなど。

メラニンが追い出されるほど代謝が高まるとは思いますが、ハリのある肌づくりには良さそうですね。

アンフィネス ホワイトサージソリューションのまとめ

アンフィネスのハリ感に美白効果がプラスされたら最強?!なんて思いましたが、期待は外れました。

やっぱりもうちょっと若い世代向けなのかな?
40代にはエクシアホワイトが必要なの?

せめて、もう少し保湿効果が高かったら、よかったのになぁ…… なんて感じた1本でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代の美白ケア
-, ,

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.