大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代の美白化粧品

日焼けするとすぐ黒くなる!その理由とオススメの日焼け止め&ケア方法

投稿日:2018年4月20日 更新日:

ちょっと日焼けしただけですぐ黒くなっちゃうと、凹みますよね……

どうしたら白いままの肌でいられるんだろう?って思いませんか?

この記事では、日焼けするとすぐ黒くなっちゃう理由と、少しでも黒くならないためのケア方法、日焼け止めの選び方とオススメ商品などをご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けで肌が黒くなるのは紫外線から肌を守る防御反応

日焼けすると肌が黒くなるのは、「メラニン」という色素が増えるため。

細胞の核が紫外線ダメージを受けると、DNAが損傷し、光老化が進んだり、皮膚癌になるリスクもあります。

そこで肌は、メラニン色素を増やすことで紫外線を遮り、細胞のDNAを守ろうとしているのです!

日焼けで肌が黒くなるということは、正常な反応なんです。

日焼けですぐ黒くなる人と赤くなるだけで黒くならない人の違い

①個人差

メラニンの作られやすさ、作られる量、紫外線ダメージへの強さには、個人差があります。

すぐ黒くなる人はメラニンが作られやすい人、赤くなるだけで黒くならない人はメラニンが作られにくい人というワケです。

そこで、肌が紫外線に当たった時の反応として、

  • 赤くならずにそのまま黒くなる人
  • 赤くなった後に黒くなる人
  • 赤くなって黒くならない人

の3種類の人がいると言われています。

赤くなるのは、紫外線に対して肌が刺激を受けやすく、炎症を起こすから。

紫外線ダメージを受けにくい、つまりシミ・シワ・たるみなどの光老化の影響が出にくいのは「黒くなるだけの人(赤くならずに黒くなる人)」、

逆に少し紫外線に当たっただけでも光老化が進みやすいのは「赤くなるだけの人(赤くなるだけで黒くならない人)」なんですって。

実際、白人は日本人に比べて、皮膚ガンになるリスクがかなり高いのだそうですよ。

とはいえ、黒くなるだけの人でも紫外線ダメージを全く受けないワケではないので、シミ・シワ・たるみなどのエイジングサインを防ぐためにも紫外線対策は必要です。

日焼けを繰り返していると、メラニンが作られやすくなる場合も

もともとメラニンを作れる体質の人が日焼けを繰り返していると、肌は「もっともっとメラニンを作らないと対処できないな」と判断します。

すると、メラニンを作る細胞「メラノサイト」の数が増えたり、紫外線に対してメラノサイトが反応しやすくなったりする場合があるそうです。

つまり、少しの紫外線でもメラニンが大量に作られる=「さらに黒くなりやすく」なるワケですね。

日焼けで肌が黒くならないためには?日焼け止めの選び方とオススメ商品

正常な反応とはいえ、やはり白い肌でいたいですよね?
昔から「色白は七難隠す」とも言いますし……

肌が黒くなりやすい人でも、紫外線対策を徹底すれば、白い肌を保つことができるはず!

ということで、ここでは日焼けですぐ肌が黒くなる人に必要な日焼け止めについて見ていきましょう。

SPF50を選ぶ

「一般的にSPFは日焼けするまでの時間をどれくらい伸ばせるか?」というのを数値化したものです。

SPF30以上になると、日差しを遮る効果はほとんど変わらないとか。
そこで、SPF50は炎天下でのレジャーやスポーツを楽しむためのものとされているんですね。

ではなぜ?SPF50をオススメするかというと……

ほとんどの人が規定量の日焼け止めを塗れていないから!

日焼け止めは規定量を塗らないと、数値通りの効果が出ないんですよ。
規定量の半分しか塗らなければ、効果は3分の1だそうです。

SPF30を半分量しか塗らなければ、SPF10の日焼け止めを使っているのと同じ。

だから高めの数値のものを塗っておいてもいいんじゃないか?と私は思うのです。

白浮きしにくいものを選ぶ

日焼け止めは、たっぷり塗らないと効果が出ないことは分かりましたね?

では具体的にどれくらいかというと、1平方cmあたり2mg。
ミルク・乳液・ジェルなど液状のもので1円玉硬貨2枚分、クリームタイプではパール粒2子分が目安だそうです。

多くの日焼け止めはこの量を塗ると真っ白になっちゃうので、なかなか塗れないです……

そこで、白浮きしないよう工夫した日焼け止めを選ぶのが大切だと思うんですね。

落ちにくいものを選ぶ

日焼け止めが落ちてしまっては効果がないので、落ちにくいものを選びましょう。

最近の日焼け止めは、ウォタープルーフでも洗顔料やボディソープで落とせるものが増えていますから。

ビタミンC誘導体配合のものを選ぶ

そして!

肌が黒くなりやすい方は、美白効果のある日焼け止め。

とくに、抗酸化作用でメラニンの黒化を防いでくれる「ビタミンC誘導体」配合の日焼け止めをオススメします。

オススメの日焼け止め

私がどれがオススメか?と聞かれたら……

ポーラ ホワティシモの「UVブロック シールドホワイトプラス」をオススメします!

ビタミンC誘導体による美白効果付きなのと、全く白浮きせず皮膜感もないので、たっぷり塗っても快適に過ごせるんです♪

お値段がちょっと張るのがマイナスポイントですが、コスパはいいので気になる人はチェックしてみてください。

進化したポーラ ホワイティシモの日焼け止めは使い心地抜群!SPF50+で美白。白浮き軋み一切ナシ

日焼け止めは塗り直しが大事!

どんなに高機能な日焼け止めでも、2〜3時間ごとに塗り直しが必要です。

汗で流れてしまうのはもちろん、紫外線カット剤(紫外線吸収剤)は強い紫外線に当たるほど早く消費され、効果がなくなっていくので。

顔の塗り直しはルースタイプの日焼け止めを持っていると便利。
パウダーファンデーションを塗り直すだけでも違うと思いますよ。

日傘やサプリメント、美白化粧品をフル活用するべし!

日焼け止めは、どんなに厚塗りしても100%日焼けを防げるワケではありません。

まずは日傘や帽子などで直接降り注ぐ紫外線をガード、地面や壁に当たって乱反射したものを日焼け止めでなんとかする、というのがいいと思います。

顔は日焼け止めにパウダーファンデーションを重ねると、さらに焼けにくくなりますよ!

スキンケアで、メラニンの生成を防ぐ美白化粧品を使うのも忘れずに。
肌がすぐに黒くなる人は、トラネキサム酸などの成分よりも、アルブチンやビタミンC誘導体などの成分が配合されたものがオススメです。

さらに内側からサプリメントも補っておくと、いいですよ!

抗酸化作用の高い成分がたっぷり配合された「飲む日焼け止め」を飲んでおくと、日焼けしにくくなるそうです。

2018年買うべき、飲む日焼け止めサプリメントはコレ♪40代におすすめをご紹介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
京子

京子

ブログの管理人 京子。 季節を問わず乾燥肌の40代。 子供も手が離れ、アンチエイジング&美容に力を入れるようになりました。 中でもエイジングケア化粧品の探求は大好きで、シミ・しわ・たるみに効くと評判のスキンケアを試してはレビューをブログで公開中。 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。

-40代の美白化粧品

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.