コスメ体験談

40代 京子のリアルなエイジングケア化粧品レビューブログ。シミ・しわ・たるみに効いたのはコレ!

化粧品成分

フラーレンとAPPS(アプレシエ)をセットで使うと抗シワ効果アップ!ほうれい線対策の最強コンビ①

更新日:

ほうれい線におすすめの化粧品としてフラーレンやAPPSが配合されたものをご紹介してきましたが、2つとも配合されているとさらにすごい事になるんです〜!

こんにちは、京子です。

今回は、前回ご紹介した「フラーレン」の続きになります。

>>フラーレンとは?

>>APPPS(アプレシエ)とは?

フラーレンは壊れやすい抗酸化成分を守る!

抗酸化作用の高い成分というのはたくさんありますね。
ビタミンC、アスタキサンチン、コエンエンザイムQ10、美白で有名なハイドロキノンなど・・・

これらの成分が抗酸化作用が高いのは、成分自体が不安定だからです。
不安定だから、安定するために酸素とくっつく。

お肌が酸化される変わりに、これらの成分が身代わりになってくれるわけです。

でも・・・

不安定ということはデリケートで壊れやすいという事。
品質が命!みたいな所があり、粉になっていて自分で混ぜるビタミンC化粧水、なんていいうのもあるくらい。

それに対し、フラーレンはスポンジのように活性酸素を吸着します。
しかもその威力は超強力!

ということで、これら抗酸化成分とフラーレンがセットで化粧品に配合すると、フラーレンがデリケートな抗酸化成分を守ってくれるんです。

シワ対策にはフラーレンとAPPSをセットで使うのがおすすめな理由!

ここでAPPSをはじめとするビタミンCの効果をおさらいしておきましょう。

・抗酸化作用
・お肌を引き締めハリを与える
・毛穴をキュッと引き締め、余分な皮脂を抑える
・コラーゲン生成を促進

さて、この中でシワ対策に最も注目なのが「コラーゲン生成を促進」です!
だってシワに悩む京子はコラーゲン、少しでも増やしたいですもん。

でもでも・・・

ただAPPSを使うだけではコラーゲン生成は効果的に促進されません。
なぜなら、ビタミンCは一度活性酸素をやっつけるとそれだけで壊れてしまうから。

APPSだけを使った場合・・・

ビタミンCは肌の中の活性酸素をやっつけるだけで精一杯。
コラーゲン生成をサポートするチカラが残ってないよ・・・ってなります。

そこで!

フラーレンとAPPSをいっしょに使ってみます!

フラーレンとAPPSがいっしょにお肌に入ると、「僕に任せて!」とばかりにフラーレンが強力な抗酸化作用で活性酸素を吸着!
誘導体が取れて無防備になったビタミンCを、活性酸素から守ります!

活性酸素で消費されなかったビタミンCは、全力でコラーゲンの生成をサポートする事ができるってコト!

なんて素晴らしいコンビネーション!

まとめ

・フラーレンはデリケートな抗酸化成分を守る
・ビタミンCはコラーゲンの生成を促進する
・APPSとフラーレンを両方使えば、ビタミンCの抗シワ効果アップ!

京子もAPPSとフラーレンが配合された化粧品を愛用しています^ ^

>>APPSとフラーレン、両方配合されたドクターズコスメ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
京子

京子

シミ・しわ・たるみが気になる乾燥性敏感肌の40代。スキンケアは、無添加よりもエイジングケア効果重視で選んでます。コスメが好きで色々調べたり、試したりするのが好き!日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。コスメ体験談では、自分が使ったコスメの感想などを公開中。勉強した知識をもとに、成分から肌悩みに合わせたスキンケア選びも提案しています。

-化粧品成分

Copyright© コスメ体験談 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.