大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代の美白ケア

L-アスコルビン酸2グルコシドの美白効果ってどう?オススメの美白化粧品はコレ♪

投稿日:2018年4月10日 更新日:

ビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液の成分表示を見ると、有効成分の所に「L-アスコルビン酸2グルコシド」と書かれているのをよく見かけるのではないでしょうか?

それもそのはず、ビタミンC化粧品の半分近くがL-アスコルビン酸2グルコシドを配合しているんです!

今回は、L-アスコルビン酸2グルコシドについて、美白効果はどうなのか?どんな人に向いた成分なのか?オススメの化粧品は?など、詳しくまとめました。

スポンサーリンク

L-アスコルビン酸2グルコシドを使う前に知っておきたい5つのコト

①安定で持続性の高いビタミンC誘導体

シミの元「メラニン色素」は酸化されることで黒色メラニンに変わるのですが、ビタミンCは高いイキイキとした肌を保つ作用でメラニンを黒化させず、結果、シミ・そばかすを防ぎます。

ただしとても不安定で、そのまま化粧品に配合しても、ビタミンC本来の美白効果を発揮することができません。

そこで、ビタミンCとグルコースを結びつけて安定させた成分が「L-アスコルビン酸2グルコシド」というビタミンC誘導体。

肌の中で分解され、ビタミンCとして働きます。

熱にも、光にも、水中でも、空気中でも非常に安定していて、100度の水溶液中で3分間たっても平気なほど安定しており、ゆっくりと反応が進むことから、

「安定型ビタミンC誘導体」とか「持続型ビタミンC誘導体」などと呼ばれます。

ドラッグストアのプチプラコスメから高級デパコスまで、様々なブランドに配合されているのが特徴です。

②L-アスコルビン酸2グルコシドのいろんな呼び方

  • AA-2G
  • L-アスコルビン酸2グルコシド
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルグルコシド
  • ビタミンC・2-グルコシド

など、様々な呼び方をされますが、全て同じ成分のことです。

③L-アスコルビン酸2グルコシドのメリットは弱酸性&低刺激&乾燥しにくい

L-アスコルビン酸2グルコシドのいいところは、低刺激で乾燥しにくいところ!

昔のビタミンC誘導体というと、ピリピリ刺激があったり、塗ると肌が乾燥してカサカサしたり…… といったイメージではないですか??

昔からあるAPM、APSといったビタミンC誘導体は、アルカリ性でしか安定せず、ちょっと刺激が強めだったり、ベタついたり、肌を乾燥させる働きが強かったりしました。

L-アスコルビン酸2グルコシドは弱酸性の化粧品にも配合できるので、刺激が少なく、乾燥も感じにくくなっており、

使用感がいい、敏感肌でも使いやすい、などのメリットがあります♪

④L-アスコルビン酸2グルコシドのデメリット(1)美白効果が低い

ただし、L-アスコルビン酸2グルコシドにはデメリットもいくつかあります。

L-アスコルビン酸2グルコシドは、イキイキとした肌を保つ作用によってシミ・そばかすを防ぐ効果があるため、厚生労働省から美白有効成分として化粧品に配合されることが認められているのですが、

私たちの肌にはL-アスコルビン酸2グルコシドを分解する酵素がないため、ビタミンCに分解されにくく、本来の効果が発揮されないのでは?ともいわれているんです。

価格は安いし使用感もよく、乾燥肌や敏感肌にも使いやすいけれど、美白効果はビタミンC誘導体の中で一番マイルド、といったイメージなんですね。

⑤デメリット(2)副作用(白斑のリスク)はゼロではない

医薬部外品の副作用について報告された資料によると、
L-アスコルビン酸2グルコシドの白斑被害の報告は、ゼロではありません。

参考国内副作用報告の状況

ビタミンC誘導体は様々な種類があるので、気になる方は別の成分を選ぶのもいいと思います。

L-アスコルビン酸2グルコシドでもしっかり美白!L-アスコルビン酸2グルコシド配合のオススメの美白化粧品はコレ!

L-アスコルビン酸2グルコシド配合の化粧品で、しっかり美白できるもの!ということであれば、私はポーラの「ホワイトショットCXS」をオススメします。

「ルシノール」と「L-アスコルビン酸2グルコシド」という2つの美白成分ががダブルで働くため、「ドラッグストアの安いコスメとは違うなー」というふうに感じています♪

続けやすい価格の下の2本と違って、価格が3倍くらいしちゃう高級コスメではあるのですが、「ちょっとお金をかけても集中的に美白したい!」という方にはオススメですよ♡

高い美白効果を求めるなら、別のビタミンC誘導体も検討してみて!

現在では様々なビタミンC誘導体が配合されており、高い美白効果を望む方は、別のビタミンC誘導体を配合した美白化粧品もチェックしてみるといいですよ!

また、敏感肌の方は「トラネキサム酸」という美白成分もチェックしてみてください。
美白効果とともに肌荒れを防ぐ効果もあるので、肌質に合うと思いますよ。

オススメ①APM配合のアスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

昔ながらのビタミンC誘導体「アスコルビン酸マグネシウム(APM)」が配合された美白美容液なのですが、アスタリフトの美容液は刺激や乾燥感を感じにくくなっているんです!

年齢肌に嬉しいアスタキサンチンも配合されていて、シミ予防はもちろん、私は肌のトーンアップやピンっとしたハリ感も感じられるので気に入っています♡

オススメ②VCエチル配合のFTC ザ ホワイトニングセラムPW

FTCは美容家の君島十和子さんがプロデュース&愛用している化粧品ブランドで、FTC ザ ホワイトニングセラムPWには「VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)」というビタミンC誘導体が配合されています!

VCエチルってちょっと変わったビタミンC誘導体で、分解される前のVCエチルの形でアルブチンのような「チロシナーゼ酵素の抑制によるシミ予防効果」を発揮し、

さらにビタミンCの「イキイキとした肌を保つ作用によりメラニンの黒化を防ぐシミ予防効果」も発揮する、2段階で働く成分なんですって。

刺激が少なく、即効性と持続性が魅力のビタミンC誘導体なんですよ!

アーティチョークエキスやヨクイニンエキスも配合されていて、毛穴ケアも同時にできちゃう美容液なんです♡

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代の美白ケア
-,

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.