化粧品選びのプロ・コスメコンシェルジュが、美肌でいたい40代のためのスキンケア&化粧品の情報をお届け!

大人のコスメガイド|40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報

保湿・しわ改善

40代こそ洗顔にこだわって美肌になる!乾燥を防ぐエイジングケア洗顔

投稿日:

毎日、何気なく行っている洗顔。
そんなデイリーケアこそ、エイジングケアには大切だったりします!

一見関係なさそうに見えて、実は洗顔は「乾燥」や「くすみ」とも関係の深いもの。

40代だからこそ、基本の洗顔を見直してみませんか?!
きっと美肌に近づけるはずです。

スポンサーリンク

皮脂やほこり、残ったメイクが酸化すると肌を老化させる!洗顔も抗酸化ケアの1つ

老化=肌やからだのサビつき(酸化)といわれています。

肌の上には、皮脂・ほこり・大気汚染物質・日焼け止め・メイクなど、様々な汚れが混ざり合って存在し、時間とともに酸化していきます。

汚れはやがて「過酸化脂質」に変わり、肌荒れ・くすみ・ごわつきなどの肌トラブルを起こしたり、シワやたるみなど老化の原因にもなってしまいます!

酸化した皮脂汚れを落とす「洗顔」も抗酸化ケアの1つ、毎日の洗顔もていねいに行えば立派なエイジングケアというわけです。

朝の洗顔は、皮脂や古い角質を落とす

肌のターンオーバーは夜、眠っている間に活発に行われ、古くなった角質が新しい細胞に押し出されるようにして、新しい細胞と入れ替わります。

朝の洗顔は、表面に浮いてきた古い角質や、夜の間に分泌された皮脂汚れが酸化する前に落とすことで、肌をリセットしてあげるのが目的です。

角質がたまっていると、丁寧に洗顔するだけで肌が明るく感じられる方もいますよ!

40代がマスターしたい!美肌になる洗顔 5つのポイント

❶肌質や目的に合わせて洗顔料を使い分ける

重度の乾燥肌 泡立たない洗顔料、アミノ酸系洗顔料
普通肌〜やや乾燥肌 洗顔石鹸、洗顔フォーム
毛穴詰まり 酵素洗顔パウダー
毛穴汚れ、くすみ、ベタつき クレイ洗顔料

重度の乾燥肌には、泡立てない洗顔料やアミノ酸系洗顔料

石鹸で洗顔すると、肌が赤くなったり刺激を感じてしまうくらい重度の乾燥肌の方は、

  • 「ミルクタイプ」や「クリームタイプ」の泡立てない洗顔料
  • 石鹸よりも刺激の少ない「アミノ酸系洗浄成分」がベースの洗顔料

などが刺激が少なく、しっとり洗い上がるのでオススメです。

普通肌〜やや乾燥肌なら洗顔石鹸や洗顔フォーム

石鹸ベースの洗顔料は余分な成分を肌に残さず、皮脂をしっかり落とせるので、その後のスキンケアの浸透が良くなります。

洗い上がりがスッキリ、つるつるになるものがオススメです。

角栓・毛穴詰まりには酵素洗顔パウダー

毛穴に詰まる角栓は皮脂と古い角質(タンパク質)が混ざったものなので、タンパク質を分解する酵素洗顔が効果的。

洗浄力が高めなので、乾燥肌の方は気になる部分のみ、ポイント使用でもOKです。

くすみ・ベタつきにクレイ洗顔料

クレイは毛穴よりも粒子が小さく、皮脂汚れや古い角質を吸着して、毛穴汚れまでスッキリ洗うことができます。

界面活性剤と違って肌に負担が少なく、サッパリと洗い上がるので、ベタつきの気になる季節にもオススメです。

❷泡立てるタイプはしっかり泡立てること

泡立てるタイプの洗顔料は、泡立てネットを使ってしっかりと泡立てます。
泡の量は、レモン大〜ピンポン玉2個分くらいが目安。

キメ細かくコシのある泡で、汚れを吸着するように洗うことで、

  • 本来の洗浄力が出る
  • 肌に触れる界面活性剤(洗浄成分)が少なくて済む
  • 摩擦による刺激を与えずに済む

といったメリットがあります。

❸Tゾーンを中心に洗う

皮脂分泌の多い部分から洗うことで、汚れはしっかり落としつつ、洗いすぎは防ぐことができます。

  1. まずは皮脂分泌の多いTゾーン(おでこ〜小鼻)を洗う。
  2. 次に頰から顎にかけてのUゾーンを洗う。
  3. 最後に、乾燥しやすいOゾーン(目元・口元)を洗う。

❹肌が動かないくらいの優しいタッチで。毛穴汚れには押し洗いが効果的

次は洗い方のポイントです!

まずは、肌を摩擦しないよう、肌が動かないくらいの優しいタッチであるのが鉄則。

肌荒れや乾燥が気になる時は、泡を転がすように優しく洗います。

毛穴汚れが気になる時は、手のひらでたっぷりの泡を押し付けたり離したりする「押し洗い」が効果的です。

❺洗い流しは必ずぬるま湯で、十分にすすぐこと

水洗いだと、皮脂が十分に落ちません。

逆に熱いお湯で洗い流すと、肌のうるおい成分が流出し、乾燥肌の原因になります!

とくに寒い冬や、お風呂で洗顔する時は、温かいお湯で洗顔しがちなので注意。
体に浴びて心地いいお風呂のシャワーは、洗顔には熱すぎです。

少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯が、洗顔にはベスト。

洗い流す時は肌をこすらず、ぬるま湯を優しくかけるように。
生え際や耳元、あごなど洗い残しがないように、丁寧にすすぎます。

タオルもなるべく柔らかいもので、ゴシゴシせず、優しく肌に当てるようにして水分を拭き取り、完了です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
京子

京子

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

-保湿・しわ改善

Copyright© 大人のコスメガイド|40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報 , 2019 All Rights Reserved.