大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー

コスメコンシェルジュの美容ブログ。40代向けの美白化粧品、エイジングケア化粧品のレビューや比較、プロの視点から美容に役立つ知識をお届け

40代のたるみ改善

40代がリアルに選んだ!顔のたるみに効く化粧品ランキング!ほうれい線にはこのドクターズコスメ

投稿日:2016年6月9日 更新日:

「たるみ」って、セルフケアではなかなか改善を実感できない…… という方が多いのではないでしょうか?

ほうれい線、まぶたのたるみ、目の下のたるみ(ゴルゴ線)、口元のたるみ(マリオネットライン)、あごのたるみ(二重あご)など……

私はある日、久しぶりに撮った記念写真で、ほうれい線がバッチリ刻まれていることに気づいてショック。
それから、いろんな化粧品を試したり、顔の筋トレをしてみたり、マッサージをしてみたり、食事に気をつけてみたり…… 色々やりました。

その結果、まだ完全に昔に戻ったとは言いませんが、こんな感じでちょっとずつですがマシになってきてます♪

化粧品に関していえば、色々試してわかったのは、やはりきちんと訴求成分が配合されているか?というのが超重要!

成分にこだわりを持って調べ、実際に試してみて、やはり本気でケアするならドクターが監修した「ドクターズコスメ」が効果が高いように感じましたね。

というわけでこの記事では、たるみに悩む40代の私が様々な化粧品を使ってみて「これは!」と実感できたものを厳選して3つ、ご紹介します!

本当に肌が変わるので、騙されたと思って試してみて。

実際に試して良かった!たるみにオススメの化粧品ランキング

1位 アマランス モイストプリュスセラム

リフトアップの即効性で言ったら、もう間違いなくこの美容液。
ドクターソワがアマランスと共同開発した「モイストプリュスセラム」です!

目新しい物を見つけては色んなスキンケアを試しているけれど、未だにモイストプリュスセラムを超える美容液って出会えないのよね……

モイストプリュスセラムは、必要な成分だけが少数精鋭でギュッと凝縮されているイメージ。
とくに注目はDMAE、レチノール、カルノシンの3つ。

肌のたるみは、加齢による「表情筋のゆるみ」と「コラーゲンの減少」ですよね?

DMAEっていう成分は、アセチルコリンっていう筋肉を引き締める物質と同じような働きをしてくれるの。
塗るだけでお肌を引き締めてくれる、夢の成分!っていわれてるのね。

>>夢の成分「DMAE」とは?

お馴染みレチノールは、真皮の中でコラーゲンを増やしてくれるビタミンAの一種。
カルノシンは抗糖化作用が期待できるそうです。

他のブランドと実感がまるで違うから、たぶん濃度が違うんだよね。
クリニックのホームケアとしても使われているというくらいだから。

レビュー記事で使った時の写真を載せているのですが、一目瞭然で、この美容液の凄さがわかります。

◆リフトアップ実感度:

◆訴求成分:DMAE、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド

さらっとみずみずしい美容液を塗って10分、違いに驚きますよ♪

驚きの使用感を写真付きでレポートしています↓

DMAE美容液 ドクターソワ モイストプリュスセラムはたるみに効く?リフトアップ効果が侮れない

2位 ビーグレン Qusomeリフト

モイストプリュスセラムとはちょっと違うアプローチでたるみをケアしてくれるのが、ビーグレンの「Qusomeリフト」です!

ほうれい線に加えて、フェイスラインのたるみや二重あごが気になる…… といった方にはとくにオススメなの!

5つのリフトケア成分と形状キープ成分に、朝のマッサージを加えることで、1日中、スッキリ上向きな印象をキープすることができるんですよ♪

  1. 引き上げる
  2. ふっくらさせる
  3. むくみを流す

3つの違ったアプローチでトータルケアが可能。

朝に3分でできる簡単マッサージを取り入れる事で、むくみを流し、巡りが良くなったところにハリをアップさせる成分が浸透してリフトアップを叶えてくれるんですって。

私はお肌のハリはもちろん、お肌のうるおいもアップして、モッチリ吸い付くような質感に変わってきたのが印象的。

じっくり続けることで、ほうれい線もちょっとずつ気にならなくなりました♪

モイストプリュスセラムは即効性が魅力だけれど、ビーグレンのQsomeリフトは使い続けるほど、お肌の調子が総合的に上がっていくのが魅力かな?と思います。

◆リフトアップ実感度:

◆訴求成分:クイックリフト、アセチルジペプチド-1セチル、デコデニル、キュアパション、シャクヤク根エキス など

マッサージクリームってコッテリ、ベタつくイメージですが、Qusomeリフトはさらっとみずみずしい使用感で気持ちいいです♪

実際に使ってみた詳しい感想はこちらの記事でレポートしています↓

ほうれい線に超おすすめのマッサージクリーム!ビーグレンQusomwリフト。朝、顔のむくみ取りにも

3位 アンプルールラグジュアリーデエイジ リフティングクリームV

ドクターズコスメでは知名度の高いアンプルールの「リフティングクリームV」
いわゆる「リフトアップクリーム」というヤツです。

「ハイドロキノンによる美白」で有名なブランドなんだけど、エイジングケアラインも試してみたら期待を裏切らず良かったです。

ポイントは、コラーゲンとともにお肌のハリを支えている「エラスチン」をケアしてくれる事!

エラスチンはコラーゲンというスプリングを支えるネジのような役割をしていて、最近ではコラーゲンの劣化以上にエラスチンのゆるみはたるみに直結するといわれています。

リフティングクリームVの「グラビティコントロールペプチド」という成分は、ゆるんだエラスチンを強化してくれるんですよ!
使い続けることで、お肌にハリが戻ってくるリフトアップクリームですね。

配合量ではモイストプリュスセラムに叶いませんが、こちらのクリームにも「DMAE」が配合されているので、リフトアップ効果は実感できますよ。

アルガンオイルや3種のセラミドによる濃密なうるおいも魅力。

◆リフトアップ実感度:

◆訴求成分:アセチルジペプチド-1セチル、アルガン幹細胞エキス、DMAE、パルミチン酸レチノール など

こってりと濃密なクリーム♪
つるんっと、モチっと、キュッと引きあがるようなお肌に。

実際に使ってみた詳しい感想はこちらの記事でレポートしています↓

顔のたるみリフトアップにおすすめ!アンプルール ラグジュアリーデエイジ リフティングクリームV

たるみの原因から考える、たるみに効く化粧品を選ぶポイント

お肌のゆるみを引き締める成分が配合されている

  1. 加齢による表情筋の低下
  2. 光老化や糖化による、コラーゲンやエラスチンなどハリを支える組織の劣化

などにより、お肌をピンっと引き上げる力が低下。
ズルズルっと肌が垂れ下がり、たるみになります。

お肌を引き締める成分、ハリを強化する成分、抗糖化作用をもつ成分が効果的です。

DMAE、クイックリフト、デコデニル、カルノシン など

ハリを与え、厚みのある肌作りをサポートする成分が配合されている

加齢、光老化などにより、お肌のハリ低下とともに、ヒアルロン酸や脂肪が減少し、皮膚が痩せたり、頰がコケてきたりして、余った肌がダボっとたるみます。

コラーゲンやヒアルロン酸の産生促進作用のある成分が効果的です。

レチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、幹細胞エキスなど

老廃物の蓄積によるむくみをケアしよう

加齢により、リンパ管や毛細血管が劣化し、代謝が悪くなります。
余分な水分や老廃物が蓄積しやすくなり、むくみによるたるみが出やすくなります。

代謝を促してくれる成分を取り入れたり、スキンケアにフェイスマッサージを取り入れると効果的です。

ビタミンE、ナイアシンアミド、シャクヤクエキス、キュアパッション など

スキンケアに加えたい!自分でできるたるみのセルフケア5つ

①紫外線対策

肌の老化の8割は紫外線による光老化といわれる通り、紫外線ダメージはたるみを悪化させます。

季節に関係なく、紫外線対策は1年を通して行いましょう。

面倒な方は、飲む日焼け止めサプリメントも検討してみて。

2018年買うべき、飲む日焼け止めサプリメントはコレ♪40代におすすめをご紹介

②たるみに効果的なエクササイズ

たるみは表情筋の衰えが大きく関係しているので、エクササイズを取り入れるのも効果的。

ただし!
間違った方法でやると、逆に表情ジワが悪化したりするので注意。

私が取り入れているのはこちら。

自分でリフトアップ&若返りホルモン「パロチン」を増やす!"ベロ回し&あいうべ体操"やってます

③フェイスマッサージ

フェイスマッサージで巡りを整えたり、筋肉に刺激を与えたりするのもリフトアップに効果があるそうです。

とはいえ、プロのエステティシャンならまだしも、素人がフェイスマッサージでリフトアップするのは至難の技……

そこで、私が取り入れているのが「リガメントほぐし」という簡単なマッサージ。
肌をこすらないのでシミのリスクも低いし、ポイントを覚えれば素人でも取り組めます。

1日2分でまぶたのたるみ・ほうれい線が改善!松宮先生のリガメントほぐしは試した?

④42度入浴法でヒートショックプロテインを活性化

コラーゲンを増やすには、入浴を工夫してヒートショックプロテインを活性化させるのも効果的だそうです。
高血圧の方は、洗顔で取り入れる方法もありますよ。

42度入浴法でヒートショックプロテインHSPを増やすといい事一杯!糖化対策、コラーゲンを増やす、光老化予防

⑤酸化や糖化を意識した食事

酸化や糖化は、食事面で大きな差が出ると思っています。

  1. 酵素やビタミン、ファイトケミカルの豊富な生野菜を積極的に取ること
  2. 質の悪い油を避け、良質な油を摂ること
  3. 添加物や砂糖を減らすこと
  4. 全体的なカロリーを抑えること

といったことを、私は意識していますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
京子

京子

ブログの管理人 京子。 季節を問わず乾燥肌の40代。 子供も手が離れ、アンチエイジング&美容に力を入れるようになりました。 中でもエイジングケア化粧品の探求は大好きで、シミ・しわ・たるみに効くと評判のスキンケアを試してはレビューをブログで公開中。 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。

-40代のたるみ改善
-

Copyright© 大人のコスメガイド|40代のための美白&エイジングケア化粧品を徹底レビュー , 2018 All Rights Reserved.