おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

美白化粧品・シミ対策

知ってる?本当にシミに効く化粧品と本当はシミを防ぐ化粧品の違い

投稿日:2015年7月30日 更新日:

ずっと美白化粧品を使っているのに、ぜんぜんシミに効かない!って思っていませんか?

美白化粧品は安いのから高級品まで各社ブランドから様々な商品が出ていますが、実は「シミを防ぐだけの成分」と、「できたシミにも効く成分」があるんです!

効果のない化粧品にお金をつぎ込む前に、美白成分の選び方について、しっかり学んでいきましょう♡

皮膚科医が美白化粧品でシミは消えないと言い切る理由

実は厚生労働省認可の美白有効成分のうち、ほとんどが「シミを防ぐ」美白成分だって知ってました?

シミの正体は、「黒色メラニン」という色素が肌に沈着したもの。

美白化粧品は大きく分けて、

  • メラニンが作られる前に働く成分(予防美白)
  • メラニンができた後に働く成分(シミにもおすすめ)

に分けられます。

そしてほとんどの成分が、「メラニンが作られる前に働く成分」なんですっ!!

肌が紫外線に当たると、「肌が危ないぞ!メラニンを作ってくれ!」という命令(情報伝達物質)がメラノサイト(シミの工場)に送られ、チロシン(シミの赤ちゃん)が作られます。

できあがったチロシンに「チロシナーゼ」という酵素が働いて酸化反応が起こり、黒色メラニンに変わって、肌表面に運ばれます。

メラニンがターンオーバーで排出されず、なんらかの理由で肌に沈着してしまったものがシミ。

メラニンが作られる前に働く成分は、メラニンが作られる行程のどこかをジャマする事で、メラニンができるのを防ぎます。

つまり、メラニンがつくられる前に使うと効果のある美白成分。
シミができないように予防する化粧品であって、できてしまったシミを薄くする、もしくはシミを消す働きはないということ!!

大手の化粧品メーカーや製薬会社が開発した美白成分の多くがシミを防ぐ成分なんですよ!

実はシミを防ぐ成分ってどんなの?

情報伝達阻害型

「メラニンを作ってください!」という命令がメラノサイトに届かないようブロックし、メラニン生成を防ぎます。

ただし、情報伝達物質には様々な種類があり、すべての命令をブロックできる成分はありません。

つまり、この成分だけでシミを完全に防ぐのは不可能です。

カモミラET

花王の特許成分で、エスト、アルブラン、ソフィーナ
などに配合されています。

トラネキサム酸

情報伝達物質阻害のほか、消炎作用もあるとされています。
資生堂の美白化粧品のすべて、トランシーノ他、様々なブランドに配合されています。

刺激が少なく乾燥感もないため、敏感肌にも向いています。

※資生堂商品の表記はm-トラネキサム酸

チロシナーゼ抑制型

チロシナーゼ酵素のの活性を阻害して、メラニン生成を防ぎます。

アルブチン

「ハイドロキノン」をモデルに作られた成分で、チロシナーゼ酵素の活性を阻害する。

植物から抽出したβアルブチンと、合成で作られたαアルブチンがあり、αアルブチンは10倍の美白作用があると言われるが、

医薬部外品の場合、どちらも安全で効果のある濃度に調整されるため、どちらを選んでも同じように美白効果は期待できる。

参考アルブチンの美白効果って?おすすめの美白化粧水&美白美容液を集めてみました!

コウジ酸

味噌や醤油に含まれる「麹菌(こうじきん)」由来の成分。
チロシナーゼ酵素の活性を阻害する。

一時期、副作用の懸念から配合禁止になった歴史があり、イメージが悪化したため、近年はあまり好んで使われない。

コスメデコルテやアルビオンなどコーセー系列のブランド、三省製薬のデルメッドなど、成分開発元の製品に配合されている。

エラグ酸

イチゴ由来の成分。
チロシナーゼ酵素の活性を阻害する。

ランコム、DHCの一部製品に配合されている。

ルシノール

もみの木の成分をヒントに作られた成分。

チロシンにそっくりな構造で、本物のチロシンより先にチロシナーゼにくっつき、メラニンができないようにする。

POLAの特許成分で、ホワイトショットやBAサマーなど、高額の美白ラインに配合されている。

ホオの木の成分をヒントに開発された成分で、チロシナーゼの成熟を阻害する。

カネボウの製品に配合されている。

TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)

メラニン抑制に加え、シミが作られる連鎖反応まで食い止めてくれる成分。

シャネルの製品に配合されている。

プラセンタエキス

メラニン抑制、ターンオーバーを整える効果があるとされるが、単体での効果は低い。

サポート的に配合されることの多い成分です。

メラニン輸送阻害型

Dメラノ(ニコチン酸アミド)

作られたメラニンが、メラニンを輸送する細胞に渡されるのを防ぐ。

SK2などマックスファクターの製品に配合されています。

できたシミにもおすすめの美白成分とは?

できたシミにもオススメできる成分は、メラニンができた後に働く成分です!

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • 4MSK、抗メラノ機能体
  • リノール酸S
  • エナジーシグナルAMP

の5つで、働きによって2つのグループに分けられます。

メラニン排出型

シミの部分は、局所的にターンオーバーが滞っています。
メラニン排出型の成分は、滞ったターンオーバーを整え、メラニンの排出を促します。

後者の還元型に比べると、美白効果はマイルドです。

4MSK、抗メラノ機能体

メラニン抑制とメラニン排出、2つの効果を併せ持つ成分。
資生堂の美白化粧品のほとんどに配合されています。

トラネキサム酸と4MSKのダブル美白として配合されます。
抗メラノ機能体は、トラネキサム酸と4MSKの複合成分です。

リノール酸S(リノレックS)

植物油から抽出される成分。
サンスター ホワイトロジーに配合されています。

エナジーシグナルAMP

酵母由来の成分。
大塚製薬 インナーシグナルAMPに配合されています。

還元型

現在、シミに最も効果が高いと言われているのが、還元型の成分です!

強力な抗酸化作用で、黒くなったメラニンを薄い色に戻します。
メラニン抑制に加え、できたシミもある程度、効果があると言われています。

還元型の成分には、ビタミンC誘導体と、ハイドロキノンがあります。

本当にシミに効く美白成分とおすすめブランド

できてしまったシミに効く皮膚科のお薬 ハイドロキノン

できたシミに一番高い効果が期待できるのは、レーザー治療やケミカルピーリングとともに多くの皮膚科で使われている「ハイドロキノン」です!!

メラニンを抑制するチカラはアルブチンの100倍ともいわれ、強力な還元作用があり、できてしまったシミにも効くと言われているんです。

ハイドロキノンを扱うドクターやクリニックが開発したドクターズコスメに配合される事が多く、効果が高い反面、使い方を間違うと副作用の心配もあります。

>>ハイドロキノン化粧品の副作用とは?

とはいえ、紫外線対策をしっかり行うなど、正しい使い方をすれば、高い効果の期待できる成分に間違いはありません。

浸透力が高く、酸化しにくい工夫がされたコスメを選ぶのがポイントです!

ハイドロキノンおすすめブランド

アンプルール

ハイドロキノンに別の物質をくっつけて安定化させた「新安定型ハイドロキノン」。

ハイドロキノンが一気に肌に触れず、少しずつ浸透するため刺激が少なく、敏感肌でも使いやすく、イチオシ。

レビューアンプルール ラグジュアリーホワイト

ビーグレン

Qsomeテクノロジーでハイドロキノンを浸透させるビーグレン。

ハイドロキノンはスポットクリームが多いのですが、ビーグレンは全顔に使えるので、顔全体の細かいシミにおすすめ。

お値段も比較的安い。

レビュービーグレン ホワイトプログラム

できたばかりの薄いシミに。ビタミンC誘導体

ハイドロキノンに比べると、刺激が少ない分、効果はマイルド。

一口にビタミンC誘導体と言っても様々な成分があります。
中には、厚生労働省から美白成分として認められていないものもあるので注意!

選び方はこちらにまとめています。

参考シミ対策・美白に効くビタミンC誘導体、効かないのもある?!おすすめ化粧水、美容液はコレ

おわりに

いかがでしたでしょうか?

美白化粧品はイメージで選ばず、しっかりと美白成分をチェックするのが大切です。

賢く選んで、美白肌を目指してくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-美白化粧品・シミ対策
-

執筆者:

関連記事

シミが隠せる美容液ファンデーションランキング発表!実際に使ってカバー力を検証しました

ネットで人気の様々な美容液ファンデーションを取り寄せて、濃いシミが実際にどれくらい隠れるか検証! シミをキレイに隠せる順にランキングを作りました。 キレイにシミを隠したいけど、肌への優しさも気になる・ …

シミに効く薬(医薬品)の成分「L-システイン」の美白効果ってどう?どれくらいの期間飲むべき?

ハイチオールCなど、人気のシミに効く飲み薬に配合されている成分「Lシステイン」。 今回は、「L-システインの美白効果とは?」「どんなシミに効くの?」「摂取する期間と効果的な飲み方は?」など、Lシステイ …

うっすら気になりはじめたシミの予感にスポット美白美容液で集中ケア!おすすめ3選

「ぼんやり色ムラが目立ちはじめた」「うっすら頰のシミが気になりはじめた」 そんな時は、スポットタイプの美白美容液で集中ケアがオススメ! 早め、早めのセルフケアで、気になる部分をケアしていきましょう。 …

ニュートロックスサン高配合だから体感が違う!飲む焼け止めインナパラソル16200を飲んでみたので口コミします

毎日日焼け止めを塗っているはずなのに、なぜかシミが増えちゃう私。 日焼け止めを塗るだけでは足りないの?と思い、今年は「飲む日焼け止め」サプリメントを飲んでいます! 日焼け止め成分が高配合なのにコスパが …

日焼け止めを塗っても赤くなる私が、飲む日焼け止めサプリ【サンタンブロック】を飲んで感じた驚きの効果!

最近話題の「飲む日焼け止め」、すごく便利ですよね! つい塗り忘れちゃったり、肌荒れしちゃったり、塗る日焼け止めって何かと面倒ですもの…… 今回は、お医者さんもオススメする飲む日焼け止めサプリメント、【 …

カテゴリー