おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

ドクターズコスメ

顔全体に使える市販のハイドロキノンクリーム!ビーグレンのQusomeホワイトクリーム1.9ならできてしまったシミもケア

投稿日:2015年10月13日 更新日:

「有名ブランドの高い美白化粧品を使っているけれど、いまいちシミに効果ない」
「市販のハイドロキノン配合化粧品を試したいけれど、顔全体に小さなシミがたくさん広がっている場合はどうすれば?」

そんな方にオススメなのが、今回ご紹介するビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」。

浸透テクノロジーでハイドロキノンを安全に肌に届けてくれるから、他のブランドとはワンランク違うブライトニングケアができるドクターズコスメなんですよ!

ビーグレン(b.glen)とは?

セレブが集まるアメリカ「ビバリーヒルズ」からやってきたドクターズコスメ。

ブライアン博士が開発したQusomeという医療現場で使われる「浸透テクノロジー」で、ハイドロキノン・ビタミンC・レチノールなど、一般的には化粧品に配合するのが難しい成分を安全に肌に届けるのを得意とするブランドです。

Qsomeには、
・浸透がいいため少量の成分で即効性
・少量で効くので肌への負担が少ない
・肌の奥の必要な場所までしっかり届く といったメリットがあります。

>>詳しくはこちら

なぜハイドロキノンを顔全体のシミに使えるの?

Qusomeホワイトクリーム2

ハイドロキノンはメラニンの抑制作用が非常に高く、シミへの還元作用やメラノサイトそのものに働きかける作用などがあることから、できてしまったシミにも効果がある成分と言われています。
しかし、酸化しやすく不安定で、刺激製や浸透させることの難しさから、一般的な化粧品に配合されることはあまりありません。

しかし、ビーグレンが他のハイドロキノン化粧品と違うのは、Qusome(キューソーム)という高い浸透テクノロジーを応用している事。

ヒトの皮脂に限りなく近い皮脂と水溶性の美容成分で肌と同じラメラ構造を作り、ナノカプセルにしてあるため、酸化変性しやすいハイドロキノンそのものを安全に化粧品に配合する事ができたんです。

ハイドロキノン誘導体ではなく、ハイドロキノンそのものを配合した市販のクリーム。
それだけで貴重ですよね。

通常、ハイドロキノンは浸透しにくいので皮膚科でもトレチノインなど浸透をサポートするお薬と併用するのですが、Qusome化されたハイドロキノンはものすごく浸透力が高いため、1.9%という低濃度でも4%と同じくらの効果が期待できるのだそう。

ハイドロキノンが低濃度ということはそれだけ肌への負担や刺激も少ない事を意味し、ビーグレンのハイドロキノンクリームは顔全体に塗る事ができるのだそうですよ!

皮膚科でも、顔全体にたくさん広がる小さなシミや肝斑の治療にハイドロキノンは使われますし、実はメラノサイトはシミの真下にあるとは限らないため、ピンポイントで塗るより顔全体に塗った方が効果は出やすいそうです。

ただし、ハイドロキノンは紫外線に当たるとベンゾキノンという刺激の高い成分に変化してしまうため、ホワイトクリーム1.9は夜専用、日中も日焼け止めを塗る事が勧められています。

ルミキシルを超える美白成分!Bホワイト(オリゴペプチド68)で相乗効果を狙います!

Qusomeホワイトクリーム3

EGFやFGFなど、シワのケアに人気のペプチドですが、美白効果の高いペプチドも存在する事を御存知でしょうか?
それが「オリゴペプチド-68」。

オリゴペプチド68は「Bホワイト」とも呼ばれる成分で、遺伝子レベルでメラニン精子絵を阻害し、お肌を明るく保つのに役立つ成分。
そのブライトニング効果はルミキシル(デカペプチド-12)を超えるとか!

ハイドロキノンより遥かに低刺激で副作用がほどんど見られず、安全性も非常に高い成分なのだそうですよ^_^

ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9にもBホワイト(オリゴペプチド68)が配合されており、ハイドロキノンのブライトニング作用との相乗効果でメラニンに働きかけてくれるんですよ!

b.glen Qusomeホワイトクリーム1.9を実際に使ってみた感想

Qusomeホワイトクリーム5

アメリカからやって来たドクターズコスメという事で少し怖い感じもしていたのですが、容器を見ると「Made in Japan」の文字が!
ブランド自体はアメリカ発ですが、日本人の肌を徹底的に研究し、日本人の肌に合わせて日本で作られている、そんな感じでしょうか。
少し安心しました^_^

ホワイトクリーム1.9はエアレスポンプのプッシュ式です。
量は全顔に使う場合で1〜2プッシュほどでOK。

けっこう固めのしっかりとした質感のクリームで、伸びはあまり良くないかな。
トライアルセットではじめて使った時は、ほんのりポッと温かくなる感じがしたのですが、何度か使ううちにそれも感じなくなりました。

額・あご・両頬・鼻の5点において、ふつうのクリーム感覚で顔全体に馴染ませていきます。
肌が敏感な方は目元など皮膚の薄い所は気をつけた方がいいかもしれませんが、私の場合は目元のクマ(色素沈着)が気になるので、目元までしっかりと塗っています。
それでとくに刺激を感じた事はありません。

最初は少しペタペタする感じがするので、手のひらで顔を包み込んで少し温めると、やがてクリームが肌に馴染んでもっちりした感じになります。
最初はおっかなびっくり使っていたビーグレンのハイドロキノンクリームですが、慣れてしまえば普通の美容液感覚で使えますね。

長期使用の副作用など心配だったので直接ビーグレンに問い合わせたりもしたのですが、長く愛用されている方にも副作用の報告などは一切無く、安心して使っていていいそうですよ。
(期間を限定しなければならないようなものは、そもそも化粧品として売ってはいけない事になっていますよね^_^;)

b.glen Qusomeホワイトクリーム1.9を使ってみて感じている効果

Qusomeホワイトクリーム4

ハイドロキノン誘導体配合の他のドクターズコスメなども使ってみましたが、やはりハイドロキノンそのものは効果が違うな〜といった感じ!

ビーグレンにスキンケア電話相談をした際、「化粧水・美容液・クリームと併せて使う事でそれぞれの特性を引き出し、相乗効果が期待できるため、効果が出るまでの時間を考慮しても集中ケアをした方がオススメ」との説明だったので、

私はQusomeホワイトローション、Qusomeホワイトエッセンスと合わせて使っているのですが、化粧品なら十分と思えるブライトニング効果を実感できています!

とくにシミのできていない部分のお肌は明らかに透明感が増していて、「お母さん、化粧品変えてから普通に白くなってるよね^_^;」と言われていますし、比較的新しくできた小さいシミ群も薄くなってきていると感じています!

昔できた濃いシミまでは、今のところ、なかなか効果が出ていないのですが、ビーグレンのスキンケア電話相談では、シミができた部分はターンオーバーが正常に行われていないため、3ヵ月くらいを目処に使い続けていくと、シミの輪郭がぼやけてきたり、シミがひび割れてきたり、分散してきたりといったうれしい効果を実感できるかもしれません、との事。

効果を信じて、もう少し使い続けてみたいですね^_^

Qusomeホワイトクリーム

ビーグレンのハイドロキノンは酸化しにくい処方となっており、濃度も低めに抑えてあるため、他のハイドロキノンクリームに比べ肌への負担は4分の1だそうです。
私自身も刺激無く使えています。

しかし、人によってはハイドロキノンが肌に合わないという人もいますので、まずは「b.glen ホワイトプログラム」のトライアルセットからお試しするのがいいと思いますよ!

公式サイトにもたくさん口コミがありますので、気になる方は覗いてみてくださいね

>>b.glen ホワイトプログラムの口コミ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ドクターズコスメ
-,

執筆者:

関連記事

たるみ肌にハリとリフトアップが同時に叶う化粧品!アンプルールラグジュアリーデエイジ トライアルレポート

肌のたるみは化粧品やスキンケアではどうにもならないと思っていませんか〜? こんにちは、たるみに悩む40代、京子です。 今回は、ドクターズコスメならではの高機能成分で肌のたるみをケアするドクターズコスメ …

40代が選ぶ『ほうれい線化粧品1位!』敏感肌でも使えるエイジングケア化粧品ミューノアージュ

エイジングケアをはじめたいのに、歳を重ねるたび肌が敏感になって思うようなケアができない、なんて事、ありませんか? 私の場合は、エイジングケア化粧品を使いはじめてから、刺激が強いのか、ちょっとした事で肌 …

ペプチド&肌荒れセンサー搭載の化粧水が40代にオススメ!ミューノアージュの高保湿ローション

この記事でわかる事1 ターンオーバーの遅れがセラミド不足に繋がる40代1.1 アンサー:EGFでお肌の生まれ変わりを活性化!2 肌荒れセンサー搭載の化粧水って何?3 ミューノアージュ モイスチャーチャ …

新しいビーグレン 乾燥・保湿ケア トライアルセットってどんなもの?

ビーグレンのエイジングケアは、基本のエイジングケアでお肌全体を元気に整えた上で、それぞれの悩みに特化したエイジング美容液をプラスしていく形になります。 ビーグレン「乾燥肌トライアルセット」は、そんなエ …

新しいビーグレン たるみ・ほうれい線ケア トライアルセットってどんなもの?

たるみやほうれい線といえば、化粧品ではどうにもならないお悩みの代名詞もたいなものですよね。 化粧品ではどうにもならず、いよいよ整形を考える方も少なくないのではないでしょうか? たるみ・ほうれい線ケア …

カテゴリー