おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

自分でできるたるみ対策

血管の老化を防いで乾燥肌、しみ、シワ、たるみを改善!毛細血管の鍛え方

投稿日:2017年3月12日 更新日:

毎日化粧水や保湿クリームでも乾燥が改善されないと悩んでいませんか?

一生懸命スキンケアをしても改善されない肌悩みは、毛細血管の老化が原因かもしれません!

今回は、毛細血管の鍛え方をご紹介します。

お肌の栄養は毛細血管から補給されている

お肌を健やかに保つためには、酸素や栄養素が必要です。

酸素や栄養をお肌の細胞に送り届けているのが、お肌の内側に張り巡らされた毛細血管!
さらに、不要になった二酸化炭素や老廃物を回収する役割も。

この代謝がスムーズに行われることで、健康なお肌が保たれているのです。

毛細血管が老化すると、乾燥肌やシミが悪化する!

毛細血管の衰えの最も大きな原因は加齢。
60代を越えると、20代の頃の40%まで毛細血管が減少してしまうのだそうですよ。

脂っこいものや糖分を摂りすぎたり、運動不足などが重なると毛細血管はさらに劣化していきます。

毛細血管は、内側の内壁細胞と外側の壁細胞の2重構造になっているのですが、加齢とともに細胞同士の接着が弱くなります。

外側の壁細胞が剥がれてしまうと内壁細胞同士に隙間ができて、血液が漏れ出してしまい、劣化した毛細血管「ゴースト血管」になってしまうんです!

そうなると、肌は栄養不足となり、乾燥やくすみがひどくなったり、しわやたるみに繋がっていくんです。

また、愛媛大学(抗加齢・予防医学センター)の研究では、毛細血管の衰えによりシミが大きくなる傾向があることが分かっているそうです!

血管を老化させるエンドセリン1という酵素は、メラノサイトを刺激してメラニンを増加させ、シミを悪化させてしまうためなのだとか。

美肌を作るには、肌表面のケアだけでなく、健康な毛細血管を保つことも大事なんですね!

毛細血管の老化レベルチェック

  1. 髪の毛が抜けやすい
  2. むくみがある
  3. 頭痛・腰痛・ひさ痛
  4. 風邪をひきやすい

1つでも当てはまる人は毛細血管の劣化が進んでいる可能性が!
私を含め、40代女性は当てはまる方がたくさんいそうですね^ ^;

でも大丈夫!

毛細血管はちょっとしたトレーニングで何歳からでも鍛えることができます。

毛細血管研究の第一人者、ハーバード大学・パリ大学医学部客員教授 事業構想大学院大学理事・教授の根来 秀行先生がすすめる毛細血管トレーニング法をご紹介します。

毛細血管トレーニング法のやり方

毛細血管を鍛えるには、血流の良い状態を保つのがポイント。

日頃から十分な血流をキープしていると、細胞同士の接着が強化され、毛細血管の劣化を防ぐことに繋がるんです。

1.運動

毛細血管を傷つける活性酸素が増えてしまうため、マラソンのような激しい運動はNG。

筋トレと有酸素運動をバランスよく行う、または同時に行えるような運動を毎日続けると、全身の血流量が増え、毛細血管が鍛えられます。

かかとの上げ下げや足上げ5分 + 15分のウォーキング

2.毎日シナモンを摂取

シナモンには、毛細血管細胞の接着を強化し、毛細血管の劣化を防ぐ効果があります!
漢方の世界では「ケイヒ」として、古くから血流UPの効果が知られているのです。

シナモンの摂取量の目安は、1日0.6g(小さじ半分程度)。
過剰摂取は肝臓に負担がかかるので適量を守りましょう。

3.ハーバード式呼吸法で副交感神経に切り替える

副交感神経が優位になり、血流が改善するため、毛細血管の強化につながります。
体がリラックス状態になり、睡眠の質も高まります。

  1. まずは息を吐いて空気を出し切る。
  2. 4秒間かけて鼻から息を吸う
  3. 4秒息を止める
  4. 口からゆっくり8秒かけて息を吐く

1日2〜4回、寝る前にやると効果的。

外側からのケアだけでなく、内側からのケアも重要だということですね!

毛細血管トレーニング法は、どれも日常の中で簡単に行えるものばかり。
毛細血管の劣化を防ぐ生活習慣を取り入れて、美肌を目指しましょう^ ^

参考:世界一受けたい授業

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-自分でできるたるみ対策

執筆者:

関連記事

黄ぐすみ、シワ・たるみ対策に!糖化を防ぐ簡単な方法と抗糖化化粧品

糖化についてちょっと勉強したいな〜と思い、久保 明先生の書籍を読みました。 私は美容の観点から糖化について知りましたが、実は糖化は寿命さえも縮めてしまう怖い現象だったのですねー! 今日から簡単にできる …

NEWAニューアリフトのたるみへの効果は?40代が実際にほうれい線に使ってみたら…

肌の引き締めに特化した人気の美顔器、ビューテリジェンスのNEWAリフト(ニューアリフト)を使っています。 サブマイクロ波で肌を引き締める、じんわり温かなお手入れは、化粧品では感じたことのない確かな手応 …

たるみ肌を引き締める夢の成分!DMAE化粧品のリフトアップ効果がスゴい

ほうれい線、つまり顔のたるみの原因は大きく分けて「顔の筋肉(表情筋)の衰え」と「コラーゲンの減少」。 でも・・・ 「表情筋トレーニング」や「顔の筋トレグッズ」って、なかなか続かなくないですか? しかも …

1日2分でまぶたのたるみ・ほうれい線が改善!松宮先生のリガメントほぐしは試した?

自分でできるたるみケアシリーズ。 リガメントほぐしは、1日たった2分、自分で簡単にできる、まぶたのたるみやほうれい線のセルフケアがサタデープラスで紹介されていましたよ。 表情筋トレーニングと違い、シワ …

整形無し!自分で目の上のたるみを解消できるマッサージとセルフケア!

目の上のたるみや瞼(まぶた)のたるみ、悩みますよね。 目が腫れぼったく見えたり、目が小さく見えたり、目元がたるんでいるだけで、年齢プラス5歳くらいに見えます^_^; 私も悩んで、かなり色々と試した結果 …

カテゴリー