おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

化粧品成分

40代以上でも乾燥しないビタミンC誘導体ってありますか?おすすめの選び方

投稿日:2016年1月13日 更新日:

apps2

お肌を引き締めハリを出し、コラーゲン生成を促進してくれる、アンチエイジングの優等生ビタミンC。
ビタミンC誘導体は医薬部外品 有効成分にも認定されていますよね。

そんなビタミンC誘導体ですが、選び方を間違うと、もともと乾燥がちだったお肌がさらにカピカピ乾燥してしまいます~!

こんにちは、京子です。

今回は、40代以上の乾燥肌でも乾燥しにくいビタミンC配合化粧品の選び方をご紹介します^ ^

ビタミンC誘導体の副作用

ビタミンCはもともと水溶性、つまり水に溶ける成分。

なのですが、現在、化粧品に配合されるビタミンC誘導体には水溶性のものと油性のものがあります。

効果の高い順に並べると

純粋なビタミンC

水溶性ビタミンC誘導体

油性ビタミンC誘導体

の順になるので、美容クリニックのイオン導入に使われたり、効果の高い化粧品は「水溶性ビタミンC」と言われてきたんです。

ちなみに水溶性ビタミンCは、化粧水やエッセンス系の美容液によく配合されます。

例えば
・リン酸アスコルビルNa
・リン酸アスコルビルMg など。

でも・・・

水溶性ビタミンCは油性の肌と相性が悪く、

・刺激が強い
・肌を強力に乾燥させる

といった副作用を覚悟しなければなりません。

40代を越えれば皮脂分泌が減って乾燥したり敏感になったりするのが普通なので・・・

効果が高いにも関わらず、水溶性ビタミンC誘導体は年齢肌には使いにくい成分だったりします。。。

乾燥しないビタミンC誘導体は油と仲良し!しかも低刺激

という事で、今度は乾燥しにくいビタミンC誘導体の話。

油性ビタミンC誘導体

1つめは、油によく溶けるようにできているビタミンC誘導体。
昔から乳液タイプの美容液やクリームによく配合されてます。

例えば
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・ステアリン酸アスコビル
・パルミチン酸アスコルビル など。

肌は油性なので、油性成分は肌によく馴染み、奥深くまで浸透します。

奥深くまで浸透するので、コラーゲンの生成を促進してくれると言われていますね。

じっくりゆっくり効くので刺激が少なく、乾燥しにくい。
その分、効き目も穏やか~なのがデメリットになります。

高浸透型ビタミンC誘導体 APPS

水溶性ビタミンC誘導体の特徴と、油性ビタミンC誘導体の特徴をあわせ持つ新型のビタミンC誘導体APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)。

とにかく浸透力に優れていて、塗るだけで真皮まで到達するという。
なので「高浸透型ビタミンC誘導体」とも呼ばれています。

・お肌を引き締め、ハリを与える
・高い抗酸化作用、還元作用
・コラーゲン生成を促進

といった嬉しい効果が期待できる上、低刺激で乾燥しにくい。

実際、京子もAPPS美容液を愛用していますが、はじめて使った時は感動でしたよ~^ ^

>>APPSはなぜシワに効く?

高浸透型ビタミンCと持続型ビタミンC、シワに効くのは結局どっちなの?

京子のおすすめは・・・

やはりAPPS配合の化粧水 or 美容液ですね。

やはり効果は油性ビタミンCよりAPPSが高いと言われていますし、

油性ビタミンCには敵わないとはいえ、APPSもそこそこの持続力はあると言われていますので。
(美容クリニックなどで使われる高濃度のものは24時間効果が続くという話もあるくらい)

京子なら、効果重視でAPPSを選びますね^ ^

>>おすすめのAPPS美容液

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-化粧品成分

執筆者:

関連記事

コラーゲン生成を促進するビタミンCの効果的な使い方、知ってる?

顔のシワ、ハリ、弾力、涙毛穴、ニキビ跡の凸凹・・・ これらの悩みはコラーゲン生成を促す事で改善する事ができます。 そしてコラーゲン生成を促進するには「ビタミンC」が効果的! でも実は、ビタミンCでコラ …

選び方・使い方で効果に差が出るプラセンタ!ほうれい線対策に外せない化粧品成分④

プラセンタ配合の化粧品じゃコラーゲンは増えないの? こんにちは、京子です。 今回は、選び方や使い方で効果がまるで変わってしまう難しい美容成分「プラセンタ」について見ていきますよ~。 この記事でわかる事 …

グロースファクターでハリと弾力を手に入れる!ほうれい線対策に外せない成分⑤

EGFとFGF、どっちがシワに効果あるか知っていますか? こんにちは、京子です。 コラーゲンを増やす究極の成分グロースファクター。 今回は、化粧品に配合される事の多いEGFとFGFの違いについて見てい …

フラーレンとAPPS(アプレシエ)をセットで使うと抗シワ効果アップ!ほうれい線対策の最強コンビ①

ほうれい線におすすめの化粧品としてフラーレンやAPPSが配合されたものをご紹介してきましたが、2つとも配合されているとさらにすごい事になるんです〜! こんにちは、京子です。 今回は、前回ご紹介した「フ …

APPS(アプレシエ)配合を選べ!ほうれい線対策に外せない化粧品成分①

「最強のアンチエイジング成分は何か?」と聞かれたら・・・ ビタミンCと答えます。 こんにちは、京子です。 APPS(アプレシエ)の特徴を簡単に言うと、水溶性ビタミンCの速効性と、脂溶性ビタミンCの高い …

カテゴリー