おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

化粧品成分

APPS(アプレシエ)配合を選べ!ほうれい線対策に外せない化粧品成分①

投稿日:2016年1月12日 更新日:

apps1

「最強のアンチエイジング成分は何か?」と聞かれたら・・・

ビタミンCと答えます。

こんにちは、京子です。

APPS(アプレシエ)の特徴を簡単に言うと、水溶性ビタミンCの速効性と、脂溶性ビタミンCの高い浸透力をあわせ持つビタミンC誘導体。

化粧品成分表示には「パルミチン酸アスコルビン酸3Na」と表示されますね。

今回はなぜAPPSがほうれい線のホームケアにおすすめなのか見ていきますよ~。

APPS(アプレシエ)のここがスゴい

イオン導入無しで真皮層まで届く!100倍の浸透力

アスコルビン酸Naやアスコルビン酸Mgといった水溶性のビタミンC誘導体は、効果が高い反面、肌に浸透しにくく、イオン導入で無理やり肌に浸透させるしかありませんでした。

そこで登場したのがAPPS!

APPSは塗るだけで肌の奥深くまで浸透。
その浸透力の高さは、上記のビタミンC誘導体の100倍とも言われているんです!

刺激が少なく乾燥しないから年齢肌と相性マル

効果が高いとされる水溶性ビタミンC誘導体は、刺激が強めで肌を乾燥させてしまう副作用があり、皮脂分泌が落ちてくる年齢肌には意外と使いにくい成分でした。

APPSは肌への刺激が少なく、肌を乾燥させにくいため、乾燥しがち・敏感肌になりがちな年齢肌にも使いやすいんです!

なぜ効くの?APPSがほうれい線に効果的な理由

シワのもと活性酸素を除去

紫外線やストレスで増える活性酸素はシワの大敵。

活性酸素はたんぱく質であるコラーゲンと結び付いてお肌を酸化(劣化)させます。

また、増えすぎた活性酸素と戦うため、肌は自分でコラーゲンやエラスチンを分解する酵素を出し始めてしまうんです!

APPSは還元作用をもつビタミンCの一種なので、活性酸素とくっついて活性酸素の害からお肌を守ります。

抗酸化対策はアンチエイジングの基本であり、ホームケアでできる数少ないエイジングケアでもあるんですよ!

コラーゲン生成を促進!

ビタミンCのもうひとつの嬉しい効果が、コラーゲンの生成を促してくれる事!

ほうれい線のような、肌のたるみが原因のシワは、ハリと高さを出すことが大切。
APPSは高い浸透力で肌の奥深くまでしっかり届くので、効果的なエイジングケアができるんですよ。

APPS(アプレシエ)のまとめ

まとめると、

・APPSは浸透力の高いビタミンC誘導体
・抗酸化作用でコラーゲンを守る
・コラーゲンの生成を促進する

攻めも守りもばっちりのAPPSでほうれい線対策。

さあ、APPS配合の化粧品をさがしに行かなくちゃ・・・

>>最強のAPPS美容液とは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-化粧品成分

執筆者:

関連記事

グロースファクターでハリと弾力を手に入れる!ほうれい線対策に外せない成分⑤

EGFとFGF、どっちがシワに効果あるか知っていますか? こんにちは、京子です。 コラーゲンを増やす究極の成分グロースファクター。 今回は、化粧品に配合される事の多いEGFとFGFの違いについて見てい …

選び方・使い方で効果に差が出るプラセンタ!ほうれい線対策に外せない化粧品成分④

プラセンタ配合の化粧品じゃコラーゲンは増えないの? こんにちは、京子です。 今回は、選び方や使い方で効果がまるで変わってしまう難しい美容成分「プラセンタ」について見ていきますよ~。 この記事でわかる事 …

コラーゲン生成を促進するビタミンCの効果的な使い方、知ってる?

顔のシワ、ハリ、弾力、涙毛穴、ニキビ跡の凸凹・・・ これらの悩みはコラーゲン生成を促す事で改善する事ができます。 そしてコラーゲン生成を促進するには「ビタミンC」が効果的! でも実は、ビタミンCでコラ …

40代以上でも乾燥しないビタミンC誘導体ってありますか?おすすめの選び方

お肌を引き締めハリを出し、コラーゲン生成を促進してくれる、アンチエイジングの優等生ビタミンC。 ビタミンC誘導体は医薬部外品 有効成分にも認定されていますよね。 そんなビタミンC誘導体ですが、選び方を …

活性酸素がシワを増やす! 抗酸化対策がシワ取りに不可欠な理由

「活性酸素」って聞くと、どんなイメージですか? なんとなく肌に悪そう? でも直接シワには関係ない ・・・? 果たして本当にそうでしょうか? こんにちは、京子です。 今日は活性酸素とシワの関係について見 …

カテゴリー