おすすめの美白化粧水・美容液&シワ対策は?-コスメ体験談

40代の私が人気の化粧水・美容液・クリームを実際に使って徹底レビュー。美白におすすめは?シワ対策にいい化粧品は?美肌になれるコスメ情報配信中

ビタミンC誘導体

APPS&フラーレンRSマーク付き、アマランスAPPCフラセラムは肌に届くから実感が違う!ドクターソワ

投稿日:

APPSの美容液が欲しい、フラーレンの美容液が欲しいって思っていませんか?

そんなあなたにおすすめしたい1本が、アマランスの「APPC-フラセラム」です!

1本でシミ・シワ・たるみ、全部ケアできちゃう優れもの!

とにかく他のブランドとは満足感と実感が違うので、値段より質重視なら、間違いなく試すべきコスメ。

今回は、40代の私がAPPCフラセラムをじっくり1本使ってみたので口コミします♡

APPCフラセラムの効果って?1本でシミ・シワ・たるみにOK

「アマランス(AMARANTH)」は、ドクターソワ(DR.SOIE)と広尾プライム皮膚科クリニック 谷 祐子院長が共同で開発したドクターズコスメのブランド。

様々な医療機関で、ホームケアとして採用される、知る人ぞ知る実力派ブランドです。

メジャーなブランドではありませんが、実感にこだわっていて、口コミではワンランク上の実感に満足の声が多数!

APPCフラセラムは、APPSとフラーレンのダブル配合により、1本で女性の3大悩み「シミ・シワ・たるみ」が全てケアできちゃう、画期的なアイテムなのです!!

紫外線やストレスで発生した活性酸素は肌に炎症を起こし、過剰なメラニンを作らせてシミを作ったり、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンなどを分解して、シワやたるみを引き起こしたりします。

  • 活性酸素を除去すること
  • 過剰なメラニンを作らせず、分解を促すこと
  • コラーゲンの生成を促すこと

この3つが、シミ・シワ・たるみのケアに重要な3本柱となっているのですが、ビタミンC誘導体はこれらを全部やってくれちゃう万能成分なのです!

中でもAPPSは、通常のビタミンC誘導体(アスコルビルグルコシド)に比べて浸透力が非常に高く、その浸透力はイオン導入並み、一部は塗るだけで真皮まで届くとも言われています。

しっかり肌に届く、だから実感できるというワケ♪

シミ対策としても、シワ・たるみのセルフケアとしても、非常に高い評価を受けている成分なんですよ!!

APPCフラセラムには、そんな万能成分APPSが最高濃度で、しかも壊れにくい状態で配合されているんです♡

ドクターソワ アマランス APPCフラセラムを40代の私が使ってみた!

シミ・シワ・たるみ・クマ……

肌悩みが増えれば増えるほど、美容液やスペシャルケアが増えていく。
基礎化粧品、一体何を使えばいいのやら??

もっとシンプルに。
1本でシミもシワも、気になる肌悩み、全部ケアしてくれるようなアイテムってないのかしら?

そんな時にネットで見つけたのが、アマランスのAPPCフラセラムです!

知る人ぞ知るコスメ、というか、人に教えたくないコスメ、みたいですよ。

壊れやすいAPPSを守る秘密

ビタミンCの中でも人気の高いAPPSですが、実はとても壊れやすい成分なの。

すでに水に溶かされた状態の化粧水などは、私たちの手元に届く頃には成分が壊れてしまっているものが非常に多いのだとか。

だから、使っても効いてるんだかわからない……みたいな口コミになっちゃう。
効果は高いのに、厚生労働省から美白有効成分としても認められていません!!
   
というわけで、APPSコスメを使う時、成分が壊れない仕様になっているか?というのが非常に重要なのです。

APPCフラセラムは、

  • エアアレス容器で中身が空気に触れない
  • フラーレンが配合されている

といった工夫で成分を守っています。

ちなみにこちらは、ちょうど半分くらい使ったところ。

こんな感じで、ポンプを押すと容器の底が上がっていくので、中身が空気に触れず、酸化しないんです。

フラーレン規定以上配合、RSマーク付き

多くの成分は自分が酸化されることで他の成分を酸化から守る消費型。

しかしフラーレンは、スポンジのように次々と活性酸素(フリーラジカル)を吸い取ってしまう特殊な働きのため、非常に抗酸化力が高い成分です。

このフラーレンが一緒に配合されていることで、APPSが酸化から守られ、肌の中までしっかり届いて働くというわけなんです。

こちらが、効果が出る規定量のフラーレンが配合されているという印、ラジカルスポンジマーク(RSマークです)!

これが信頼の証なんですね♪

APPCフラセラムが届きました!

真っ赤な箱に入って届きました。

ドクターズコスメって薬っぽい感じや無機質な感じが多いけど、これはドクターズコスメって感じがしませんね。

全成分はこちら。

大豆イソフラボンとか、カッコンエキスとかも入っていますね。
余分な成分は入れない、シンプルな成分が好印象。

中の容器はこちら。
擦りガラスがまた、高級感あります。

ほのかに黄色っぽいのはビタミンCの色かな。

内容量は30ml。
ポイント使いではなく、成分が新鮮なうちに顔全体に惜しみなく使って、さっさと使い切った方がよさそう。

1〜2ヶ月以内を目安に使い切るって書いてあるけど、APPSの効果が欲しいなら、1ヶ月以内に使い切るのが理想だそうですよ。

そういう意味で、コスパとか気にする人には向かないよね。

出し口はポンプ式です。

使い方は、APPSの浸透を妨げないよう、化粧水の前、洗顔後のまっさらな肌に使うのがポイント。

中身を出してみました。

ほのかに黄色がかった、ローションタイプの美容液。

肌にのせると、まろやかなトロミを感じます。

しっとりしていて、刺激や乾燥感がまったく無いのがスゴイ!

乾燥肌なので、ふだん、化粧水もつけずに美容液をつけたところでちゃんと馴染まないのですが、APPCフラセラムはさすがの浸透力!

軽くなじませるだけで、スーッと馴染んでしまいました!

お肌がしっとり、吸い付くようなモチモチです♡
この使用感は好きだなー、使っていてすごく気持ちいい♪

美顔器でビタミンCのイオン導入とかすることを考えたら、塗るだけの手軽さは素晴らしいですね!

というわけで、これからじっくり使ってみたいと思います♪

APPCフラセラムを1本使い切って

もともと乾燥肌なので、ビタミンCのコスメって選び方を間違えると乾燥して肌荒れしちゃったりするのですが、APPCフラセラムはお肌がしっとり潤って、モッチリしたお肌が続きました!

お肌のくすみ抜けと透明感は、かなり早い段階で実感!
1本使い切った今は、お肌がワントーン明るくなったと感じます♪

あと、キメが整って、三角ゾーンの毛穴がキュッと引き締まってきた感覚も。
1本ではそこまで変化はありませんが、続けたら頰のたるみ毛穴にも効きそうですよ。

シワとかお肌の弾力とかは、正直、まだよくわからないんだけど、ビタミンC、しかも浸透力の高いAPPSはコラーゲンを増やしてくれるらしいので、お肌には良さそうですよね。

高級化粧品をフルラインで揃えるのは大変だけど、良質な美容液を1本持っておくっていうのはいいよね!

無名のブランドだけど、満足感と実感がすごく高いの。
何か1本オススメしてって言われたら、間違いなく推したいアイテムです。

定期購入すると少し安くなるみたいなので、これは続けたいなって思いました♡

製品名 アマランス APP-Cフラセラム
内容量 30ml
価格 8,640円 → 初回限定6,048円(税込)

▼公式サイト▼
【APPC-フラセラム】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ビタミンC誘導体
-,

執筆者:

関連記事

シミとシワにおすすめの化粧品!?三省製薬デルメッドプレミアムを40代の私が使ってみたので口コミします

40年、お手入れをサボっていたわけではないけれど。 気づくとシミ?あれシワも?たるみも? エッ?エッッ?エーッ! ってこと、ありますよね?? 今回使ってみた「デルメッドプレミアム(DERMED)」は、 …

L-アスコルビン酸2グルコシドの美白効果ってどう?オススメの化粧水や美容液はコレ♪

ビタミンC誘導体の化粧品の裏を見てみると、有効成分の所に「L-アスコルビン酸2グルコシド」と書かれているのをよく見かけるのではないでしょうか? それもそのはず、ビタミンC化粧品の半分近くがL-アスコル …

アスタリフトホワイトで1番人気の美白美容液エッセンスインフィルトってどう?じっくり1本使った効果を口コミします

独自のナノテクノロジーと赤の成分で、成分を届ける・働かせることで美白に挑む「アスタリフトホワイト」。 今回はシミとくすみが気になる40代の私が、シリーズで1番人気の美白美容液「エッセンスインフィルト」 …

ポーラ ホワイトショットSXの効果って?じっくり半年使ってみたので口コミします

デパコスの美白化粧品なら、やっぱり効くのでしょうか? 気になりますよね? 今回は、高級化粧品の中でも美白に強いブランド ポーラ(POLA)の「ホワイトショットSX」を、40代の私が使ってみたので口コミ …

APPS粉末を自分で混ぜる2剤式!サイクルプラス エンリッチローションはイチオシのビタミンC化粧水

自分で混ぜる2剤式だから実感が違う!と話題のAPPS化粧水「サイクルプラス エンリッチローション」。 @コスメでも3ヶ月連続で1位を獲得する実力派! そんなにイイなら私も使ってみたい! ということで、 …

カテゴリー